moonスカイステージで月組版『ロミオとジュリエット』を視聴しました。
まさおこと龍真咲さんのお披露目公演です。
現トップスターが死、現二番手がマーキューシオというこの公演。
オープニングから心拍数が上がる作品でした。

オープニングの衝撃

『ロミオとジュリエット』は「愛」と「死」からはじまります。
生命力に定評のあるたまきちが「死」という、
いまとなってはちょっと笑える配役ですが、
改めて見たらちゃんと「死」ですね!
ゾクゾクするような目線が素晴らしいです。

そして出てくる赤組みりお、青組マギー&みやるり!
豪華すぎる顔ぶれですね。

大公閣下は当時研4のまゆぽんこと輝月ゆうまさんです。
その貫禄には多くのファンが驚いたことでしょう。
わたしもこの公演から彼女を知りました。
ひとつのポジションをすでに確立していた感があります。

ここからみんなの期待を裏切らずに成長して、
このたびの『グランドホテル』では支配人ですからね!
『カルーセル輪舞曲』では見事なカゲソロを披露して、
歌唱力にも定評があります。
まゆぽんが月組にいてくれてよかったー!と思います。

さらにわたしが衝撃を受けたのは、
キャピュレット夫妻とモンタギュー夫妻の組み合わせです。

現組長・副組長のすーちゃんとせりちゃん、
旧組長・副組長のリュウさんとあーちゃんが、
それぞれ別の相手と夫婦役だったので、変にドキドキしてしまいました。

まさおロミオとちゃぴジュリエット

主役のまさおロミオはちょっと遅れて登場します。
まさおのキラキラぶりが懐かしいですね。

まさお節とかなんとか言われているものの、
まさお節を含めてもやっぱり上手いと感じさせてくれます。

ちゃぴジュリエットもこの段階で十分上手いですが、
いまのほうがもっと上手いですね。
まさちゃぴコンビもたまちゃぴコンビも、
それぞれに違った良さがあると思います。

お披露目公演への気合い

今回の『グランドホテル』でも思ったのですが、
大劇場お披露目では絶対にこけさせたくないという思いが見て取れます。
人気作の再演だったり、大入り間違いなしの話題作だったり、
どの作品も新トップスターの門出を祝っているようです。

しかし宝塚歌劇には膨大なコンテンツがあるわけで、
どうやって選んでいるのかな?と思ってしまいます。

例えばたまきちにロミジュリやスカピンでもいいはずなのに、
あえてグランドホテルを持ってきたセンスがすごいですね。

『グランドホテル』を放送してくれるのかとても不安ですが、
ぜひどこかで映像を見たいと思います。


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!