moon月組『夢現無双/クルンテープ天使の都』見てきました。
お芝居はいまひとつわからないまま終わってしまいました。
ショーは期待を裏切らない藤井ショーという感じ。
感想をひとことで述べれば「みやちゃんやめないで」です。

宮本武蔵と佐々木小次郎

『夢現無双』は武蔵と小次郎の話という予備知識だけで見に行きましたが、
もうちょっと予習していけばよかったなと思います。

たまきち武蔵がひたすら人を斬って終わったという感じでした。
さくらちゃんとのロマンスは無理やりくっつけたみたいで、
新コンビお披露目がこれでいいの……?と心配になります。

みやるり小次郎の出番もあまり多くなく、
れいこちゃんやありちゃんの役もちぐはぐしていて、
2番手役を分け合っていた『1789』の頃を思い出してしまいました。

後半になると小次郎が出てくる時間が増えるものの、
クライマックスは有名な巌流島での決闘で、結果はご存知のとおり。
もう話は追わず、オペラグラスで小次郎のビジュアルを楽しむことに徹しました。

心の声が多すぎるのも「ちょっとね……」という感じです。
最後の方は多用しすぎて、もはや心の声なのか本当の声なのかわからなくなりました。

やたらと酷評になってしまいましたが、
宮本武蔵が好きな人なら楽しいのかもしれません。
からんちゃんの本阿弥光悦と、くらげちゃんの吉野太夫がよかったです。

クルンテープ 天使の都

はじまってすぐ「普通のショー久しぶりだな」と思いました。
『BADDY』は変わり種のショーだったので、
大劇場では『カルーセル輪舞曲』以来の通常ショーです。

『カルーセル輪舞曲』はたまきち大劇場お披露目ショーで、
みやるりが二番手で、前途洋々だったなぁと懐かしくなりました。

ショーになった途端、すーちゃんの不在を強烈に感じました。
「ここにすーちゃんがいたら……」と思ってしまう箇所がいくつか。
ちゃぴとすーちゃんが抜けて、かなり景色が変わっています。

ショーでもっとも衝撃だったのはありちゃんの女装でした。
場面が変わった瞬間「あれは男役の女装だな」と瞬時にわかる外見。
さて誰だろうとよく見てみたらありちゃん!
目のやり場に困る~と思いつつお尻ばっかり見てしまいました。

これが娘役トップとして大劇場お披露目となるさくらちゃん。
もともとさくらちゃん可愛いと思っていて好きなのですが、
真ん中にはまだしっくりこないかな、という印象でした。

あと、ゆりちゃんのポジションに「そこ?」と驚きました。
永らくとしちゃんと対になっていたゆりちゃんですが、
るねちゃんとれんこんとトリオに!
最初のほう「ゆりちゃん出てないのかな」と思ってしまったのですが、
たぶん見落としていただけでしょう……。

美弥るりかさんの姿を目に焼き付ける

宝塚駅に降り立った瞬間、
「男役・美弥るりかを生で見られるのは今日が最後か……」
と切なくなりました。

いずれ退団するものとはわかっていても、
今でなくてもいいだろうと思ってしまいます。

佐々木小次郎はとにかく美しかったです。
黙って立っているだけで絵になる存在でした。

ショーではしっかり見せ場があって、
退団者らしいシーンもあり、ジーンときました。

次回からみやるりがいないと思うと寂しくてたまりません。
月組見るのやめようかなとも思うのですが、
それはそれで寂しいので、予定は未定です。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク