starきのうスカイステージで
2013年星組『ロミオとジュリエット』がやっていました。
2010年の初演のときは選抜メンバーでしたが、
2013年はフルメンバーなのでまた雰囲気が違いましたね。

ちえちゃんロミオ

ちえちゃんが初演のロミオを務めた後、
桂ちゃん、まさお、みりおというメンバーが
ロミオを務めてきました。

改めて見て、やっぱりこの演目のロミオには
ちえちゃんが似合うなと思いました。

桂ちゃんのときはジュリエットがWキャスト、
まさおとみりおのときはロミオがWキャストだったのが
ちょっと残念でした。

せっかくのロミオとジュリエットなのに、
二人の愛が深まらないというか、締まらない印象だったんですね。

もちろん雪組も月組も素晴らしいロミオとジュリエットを演じてくれました。
しかし今回改めて星組版を見たら
「これがロミオとジュリエットなんだな」
と再確認できたように思います。

今後も『ロミオとジュリエット』は折に触れて再演されると思いますが、
ちえねねのロミジュリとはずっと比べられてしまうんでしょうね。

宙組はロミジュリやらないのかな

そろそろ宙組でもやるんじゃないかなーと思っていた矢先の
『王家に捧ぐ歌』再演発表は衝撃的でしたね。

まぁくんとみりおんのロミオとジュリエットを
ねじ込んでくるかと思いきや、斜め上を行く『王家に捧ぐ歌』ですよ。

トップお披露目に再演が来るのはよくあることですし、
エリザベートやロミジュリのような
海外ミュージカルよりも宝塚の作品のほうが
面白いという向きもあるでしょう。

それにしてもここで『王家に捧ぐ歌』なのか!
と、驚きと期待でいっぱいです。


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!