moonスカイステージで
2012年月組「ロミオとジュリエット」を放送していました。
龍真咲ロミオ版はすでに放送されていましたが、
明日海りおロミオ版は初放送でしたね。

ロミジュリを見たときの不安

わたしは劇場で両方のパターンを観ることができました。
みりお版を観たときになんともおさまりが悪いと言うか、
まさおはトップスターなのになぜティボルト役なんだろう…
と思ってしまいました。

みりおが準トップスターということで
主演に準ずる扱いを受けることはすでに発表済みだったわけですが、
実際に観てみるとすごく違和感がありました。

あまりにまさおがかわいそうな気がしてしまい、
月組はずっとこのままの体制でいくのだろうかと不安に思ったものです。

まさみり問題の着地点

それがみりおはほどなくして花組に異動、
大方の予想通り花組でトップスターとなりました。

今回の放送は着地点を判った上で観たので、
当時よりも落ち着いて観られたような気がします。

さらなる再演もあるのか?

もう一度ぐらいロミオとジュリエットやりそうな気がしますね。
まだ上演していない組は花組と宙組です。

劇団のことだから、
花組でみりおがもう一度ロミオをやるという安直なこともやりそうです。
かのちゃんのジュリエットはあんまり似合わない気もしますが。

宙組でやるとしたらテル退団後、次期お披露目公演でしょうか。
あんまりしっくりきませんが、
お客さんが呼べる公演なので上演しておこうという魂胆はありそうです。

一度観れば十分という意見

ロミオとジュリエットは出落ち感のある公演だと思うんですよね。
ストーリー自体が一度観れば十分というものでしょう。

さらに、プレスギュルヴィック版ロミオとジュリエットというのは
最初観たときのインパクトがすごいものの、
二度目以降はその衝撃が半減してしまうように思います。

もちろん贔屓のスターを追いかけるなどの楽しみはあるわけですが、
役が少なく、若手が十把一絡げに青チーム赤チームに分かれてしまうあたり、
生徒の成長にとってあまりプラスにならないでしょう。

と、ちょっと辛口になってしまいましたが、
名作であることは間違いありません。

曲もついつい口ずさみたくなるような名曲揃いです。
観たことのない方はぜひチェックしてみてください。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!