moon組内でだいぶ上級生になってきた90期~92期あたり。
トリオのようだった「としゆりゆうき」からゆうきが抜けて
ちょっと寂しくなりました。
一方でからんちゃんの存在が大きくなっていると感じました。

としちゃんの醸し出す色気

『NOBUNAGA』のとしちゃんは浅井長政役でした。
としちゃんはとりわけ姿勢が良いというか、
背筋がピンと伸びているイメージがあります。

くらげちゃんとの夫婦姿も良かったです。
としちゃんは醸し出す色気が年々濃厚になっていて
見ていてドキドキしてしまいます。

同期のひびきちもかなり前の方に来ていて
90期ってもうこんな上の方なんだなぁと思いました。

ゆりちゃんの顔が好き

ショーでまさおを中心に
とし・ゆり・あーさ・ありが5人で踊っているのを見て
「こういう使い方をするのか~」と驚きました。

それぞれの個性がぶつかり合っていて
誰を見ていいのかわからなくなるシーンですね。

ゆりちゃんとあーさは4期しか離れていないわりに
たまきちが間にいたので、遠く離れているような気がします。

わたしはゆりちゃんの顔が好きです。
王子様のような甘い笑顔がいいですね。
毛利良勝役は正直それほど印象にないのですが
ゆりちゃんかわいかったな~ということは覚えています。

かわいいだけじゃないからんちゃん

『NOBUNAGA』ではからんちゃんの歌声が聞けて良かったです。
からんちゃんといえば学年不詳の童顔ですが
今回の宣教師はすごくハマっていましたね!
金髪がとてもよく似合っていて、
こういう年齢不詳の宣教師っていそうだなぁと思いました。

たまきちと幼なじみという設定も素晴らしいですね。
二人の子ども時代を想像すると面白いです。
ファーストフォトブックのオスカルとアンドレのことも思い出しました。

ショーでもからんちゃんを見ていると楽しいです。
わたしが一番ツボだったのは
まさおがかちゃ、みやるり、コマに誘惑されているのを
遠巻きに見ているときの表情でした。


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク



阪急交通社公式サイトではスカピン貸切公演プラン発売中!