star海外ミュージカルはどうしても役が少なくなりがちです。
『ガイズ&ドールズ』も例外ではありません。

しかしギャンブラーたちにもそれぞれ個性があって
設定があるのだろうなぁと思いながら観ていました。

おもしろ3人組

ネイサンの仲間の3人組、
ナイスリーとベニーとラスティ。

3人組というのはよくあります。
最近では『1789』の革命家が記憶に新しいです。

『1789』の3人組はわりと同格というか
役柄的にも役者的にも自然な感じがします。

しかしさやかさん・かいちゃん・まおくんに関しては
「どうしてその3人が集まったの!?」
という可笑しさがあります。

ナイスリーはコミカルでいい味を出していました。
ゆうひさんのナイスリーがどんなだったか
とても気になります。

ギャンブラーたち

しーらんのハリーは
リュウさんがやった役ということで
特に注目して観ていました。

しーらんカッコいいですね。
中間管理職的なハリーの立ち位置を
上手く演じていたように思います。

リュウさんも絶対に似合いますね!

月組再演がもう少し後だったら
リュウさんがビッグ・ジュールで
がちゃがハリーだったのだろうと想像して
「なにそれ超見たい」と思ってしまいました。

名もなきギャンブラーたちも
それぞれに個性が出ていて面白かったです。

集会のシーンは人海戦術というか
星組の男役がたくさんいるというだけで圧倒されます。

ギャンブラーと救世軍

男役の多くがギャンブラー役に回る中、
救世軍のアーヴァイド役を演じるてんてん。

後見人にしては若いような気がしました。
お兄さんという感じでしょうか。

ミュージカルでは革命派と王党派とか、
モンタギューとキャピュレットみたいな
対立構造がもとになることが多いです。

その点『ガイズ&ドールズ』は
ギャンブラーと救世軍が対立するというよりは
お互いの世界を生きている感じでした。

てんてんのアーヴァイドにしても
スカイに対して敵意を燃やすわけではなく
サラの幸せを願っている様子が伝わってきて
とても良かったです。

【感想へのリンク】
みっちゃん風ちゃんおめでとう!『ガイズ&ドールズ』感想その1
紅ゆずると礼真琴に感嘆『ガイズ&ドールズ』感想その2
はることあーちゃんとあーちゃん『ガイズ&ドールズ』感想その4
阪急交通社の貸切楽しかった!『ガイズ&ドールズ』感想その5


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク



阪急交通社公式サイトではスカピン貸切公演プラン発売中!