star2019年5月の星組シアター・ドラマシティ、
日本青年館ホールのラインアップが発表されました。
『鎌足−夢のまほろば、大和し美し−』というタイトルが、
ちょっとおもしろかったので、思ったことを書きます。

わずか3行のメッセージ性がすごい

楽劇(ミュージカル)
『鎌足−夢のまほろば、大和し美(うるわ)し−』
作・演出/生田 大和

この3行を見ただけで、言いたいことがたくさん出てきます。

まず「楽劇(ミュージカル)」に言いたいことは、
(ミュージカル)の部分要る?ということです。

次にタイトルですね。
メインタイトルは「鎌足」の2文字だと思うのですが、
−夢のまほろば、大和し美(うるわ)し−のインパクト、
というか「大和し美(うるわ)し」の部分に混乱します。

そして最後「作・演出/生田 大和」ときて「あぁ……」となりました。

花組の『CASANOVA』もあるのに忙しいですね。
宝塚が2019年2月8日~3月11日、東京が3月29日~4月28日で、
星組公演が5月5日~ですから、ハードそうです。

やまとしうるわし

やまとしうるわしという言葉を検索してみると、
桜井市観光情報サイトの万葉歌碑がトップに出ました。
「大和は 国のまほろば たたなづく 青垣山ごもれる 大和し 美し」
古事記に載っている、倭建命が詠んだ歌なんですね。

ほかには版画家の棟方志功が佐藤一英「大和し美し」に感動し、
絵巻物形式の「大和し美し」を制作したのだとか。

知らなかったので勉強になりました。

非常に語呂が良いですね。
アニメここたまのオープニングテーマの一節、
「ここたまここたま♪」にあわせて
「やまとしうるわし♪」と歌いたくなります。

ただ個人的にどうしてもつっこみたいのは、
自分の名前をサブタイトルに入れちゃう?ということです。

本人の退団公演?とも思ってしまいましたが、
CASANOVA関連インタビューを見る限り、
さすがにここで辞めるようなことはないでしょう。

万が一そうだとしても、
演出家が自分の退団公演に自分の名前を入れるとしたら、
余計に怖すぎませんか。

いくたひろかず氏

生田先生のお名前がひろかずというのは百も承知ですが、
たぶん子どものころから「やまとくん」と読まれて、
「ひろかずです」と訂正する人生だったと思うんです。

それがきっかけで大和時代にこだわりを持っているとか、
特になんとも思わずたまたま自分の名前だったとか、
いろんなことが考えられますが、
わざわざサブタイトルに入れた意図が気になります。

あるいは本人のいないところで勝手に入れられたとか……?

別に責めるわけではありません。
どうしてもつっこみたかっただけです。

公演情報には「大和し美(うるわ)し」と書いてあって、
大和しのほうにはふりがなが振っていないので、
「『やまとし』と見せかけて『ひろかずし』なのでは……」
というくだらない思いまで湧いてきました。

個人的に「大和路快速」という単語を見るたび
「生田大和 ひかりふる路」を連想するので、
なんとなくシンクロした感じがしておもしろかったです。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク