cosmos『エリザベート』はあまりに有名な作品なので
配役が発表されたときには多かれ少なかれ賛否の声が聴かれます。
しかし今回の宙組版はまたすごいですね!
いい意味で大変なことになりそうです。

思いつくままに配役コメント

わたしは全然配役予想をしていませんでした。
まりんさんがマックスだろうな、ぐらいです。

どこから突っ込んでいいのかわからないので
思いついた順に書いていきます。

うららちゃんがマダムヴォルフですか!
マダムヴォルフは近年男役がやるイメージでした。
しかしうららちゃんも絶対に似合いますね!
「そしてスペシャルはマデレーネ」と言うものの
あなたが一番スペシャルじゃないかと思ってしまいそうです。

モンチがヴィンディッシュ嬢って!
放送できないような狂気ぶりを見せてくれそうですね。
モンチは小池先生のお気に入りみたいですし、
ヴィンディッシュ嬢も戦略なのかもしれません。

ゾフィーはせーこちゃんでした。
迫力のあるゾフィーになりそうです。

だんだん楽しみになってくる

エリザベートは役が少ないイメージでしたが
改めて見ると意外にいろいろありますね。

配役が発表されると
いよいよエリザベートが始まる実感が湧いてきて、
頭の中で想像して楽しんでいます。

わたしの大好きな役であるツェップスはりんきらでした。
ツェップスはもっと上級生にやってほしいのですが
最近の組事情を見ると難しいですね。
りんきらのツェップスはどんな感じでしょうか。

新人公演も気になる

新人公演のトートは『Shakespeare』に引き続き瑠風輝さんでした。
トートが本公演でエーアンの歌手というのは珍しいですね。

まどかちゃんの新人公演エリザベートは予想通りですね。
本公演では子ルドルフで、盤石の配役です。

鷹翔千空さんのルドルフ抜擢にも注目です。
本公演では役がついていませんが、今後上げていくのでしょうか?


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!