cosmos宙組『王家に捧ぐ歌』初日映像の放送がありました。
まぁさまの九州弁挨拶が良かったですね。
ラダメスがますますパワーアップしています。
どうしてもアムネリスに目が行ってしまいました。

まぁ様のご当地方言

挨拶では熊本で起きた地震のことに触れていました。
佐賀出身のまぁ様はいつもに増して意気込んでいることと思います。

「愛する九州のために頑張るけん」
「また見に来てくんしゃいねー」と挨拶していました。

全国ツアーで地元の方言を使うことがありますが
ネイティブスピーカーが聞くと
「ちょっと変じゃない?」と思うことがあるかと思います。

まぁ様は九州出身なので
自然な発音になっているのではないでしょうか。

アムネリスが気になる

アムネリスはどうしてもうららちゃんと比べてしまいます。
ダイジェスト映像だけでもうららアムネリスは迫力がありました。

しーちゃんアムネリスはカッコいいですね。
圧倒されるような雰囲気はないものの
賢そうなアムネリスという感じがしました。

しかしどうしてアムネリスを変更したんでしょうね。
もちろん大劇場と博多座でキャストが変わることは良くありますが
『ヴァンパイア・サクセション』の派遣の死神は
アムネリス以上に重要な役だったのか疑問です。
あるいはアムネリスを任せられないと判断されたのでしょうか…?

劇団の事情なので知る由もありませんが
アムネリス次第で作品の雰囲気は大きく変わることでしょう。
2パターン見られるのはいいことかもしれません。

モンチがワープ

今週のスタジオMCは宙組のモンチとゆいちゃん。

スタジオの二人がオープニングに挨拶したあと
モンチが王家に出ているのを見て
「なんで博多にいるの?」と思ってしまいました。

スタジオ部分が収録というのは重々承知ですが
一瞬わからなくなりました。

先週金曜日には博多座初日だったので、
もっと早い段階で収録しているんですね。

モンチは子役を演じていたイメージが強いのですが
すっかり大人の男役になっています。
今後も長く見続けていたいジェンヌの一人です。


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!