moon月組『All for One』についての感想つづきです。
NOW ON STAGEや突撃レポートを見ていたら
またすぐにでも見たくなってきました。
今回は美弥るりかさんをはじめとした男役について書きます。

アラミス、世紀の色男

『1789』のアルトワ伯のとき、
まさおから「役づくりしてないでしょ?」と言われていたみやるり。
今回もたまきちから「役づくりしてませんよね?」と言われていました。

アルトワ伯は悪役の頂点みたいな役だったのに、
アラミスは正義の味方ですからね。
振り幅の大きさに笑ってしまいました。

やっぱりイケメン神父の場面が一番楽しかったです。
娘役の目がハートになっているようでした。
客席降りでお客さんの手を取る姿も美しく、
万が一わたしがあの席に座っていたら…なんて妄想してしまいますね。

今回も対抗勢力のベルナルド役に据えてもよかったと思うのですが、
三銃士側にして正解だったと思います。
ベルナルドだとどうしてもアルトワ伯と比べてしまいそうです。

みやるり自身、また一段と歌がうまくなりましたね!
フィナーレでは男役のセンターで踊っている姿がとてもよくて、
終わりかけたときに「もっと見ていたい!」と思ったら
その先の展開があってうれしかったです。

劇中では長髪ですが、フィナーレでは短髪も楽しめるのがよいですね。
今回も髪色がすばらしく似合っていました。

としちゃんとありちゃん

配役発表の際、三銃士がみやるり、とし、ありだったのは意外でした。
特に「ここにとしちゃんが入るのか~」と思いました。
しかし舞台を観てみたらバランスがよかったです。

としちゃんは期待どおりのキレを見せてくれました。
ひげもよく似合っていますね。
立ち回りの動きのひとつひとつが美しくて、
「もっと見ていたい! でもアラミスも見たい!」と葛藤しました。

ありちゃんもうまくなりましたね!
ありちゃんにとっては挑戦となる役だと言われていましたが、
違和感なく演じていました。
中でも剣戟メンバーで生き生きと演技しているところがよかったです。

ベルナルドのれいこちゃん

月組生としてはじめての大劇場となるれいこちゃん。
三銃士にとっては対抗勢力となる役ですが、
コメディのせいかそれほど悪役という感じではありません。

NOW ON STAGEで話していたところによると、
派手な兄と比較されて卑屈になってしまったのだとか。
そう思ってから見るとまた印象が変わりそうです。

「幕が開いたらありちゃんが3番手なんじゃないの~」
なんて思っていましたが、れいこちゃんがちゃんと3番手でしたね。
舞台映えのする美形で、これからも楽しみです。

←感想その2へ  感想その4へ→


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!