snow雪組『幕末太陽傳』『Dramatic “S”!』の初日映像を見ました。
早霧せいなさん、咲妃みゆさんの「ちぎみゆコンビ」サヨナラ公演です。
103期生の初舞台ということもあって、独特の雰囲気がありました。
あとは休演している咲ちゃんが一日も早く復帰できるといいですね。

初舞台生口上~幕末太陽傳

タカラヅカニュースでVTRに入る前の見出しに
「※彩風咲奈は休演しております」と小さく書いてあって、
「あぁ本当に休演しているのか…」と切なくなりました。
すぐに復帰してくれるといいですね。

初日映像のはじめは103期生の口上からでした。
首席の花束ゆめさんだけは覚えています。
名前が覚えやすくてかわいらしいですね。

そこから映像は『幕末太陽傳』に変わります。
「こんなちぎちゃん見たことある!」という感じの、
既視感のあるちぎちゃんですが、
男役としての余裕が出ていてひときわ輝いていました。

イケメンがいると思ったら翔ちゃん!
ぱっと目を引く存在感でした。

咲ちゃんの代役を務めるひとこちゃんは、
映像で観る限りすんなり演じているように見えますが、
おそらく大変なお稽古があったことでしょう。
何年か後に「あのときは大変でした」みたいな話が聞けそうです。

お稽古場から気になっていたみゆちゃんとあんりちゃんのバトル!
娘役同士のケンカはわくわくします(悪趣味?)。
二人とも退団してしまうと思うと寂しいですね。

Dramatic “S”!

ちぎちゃんの「Dramatic “S”!」からはじまったショーの映像。
途中、『ラプソディックムーン』の衣装がありましたよね。
ちょうどみゆちゃんが月組に配属されて初の公演です。
きりまり時代の月組を思い出して懐かしくなりました。

ロケットの映像は少しだけだったので「もっと見たいー」と思いました。
こちらも怪我で休演されている方がいるそうで、
その無念さは計り知れないものがあります。

デュエットダンスは「別れの歌」でした。
だいもんがカゲソロって豪華すぎませんか。
こんなにわかりやすい場面を惜しげもなく作ってしまうところが、
中村一徳先生のいいところだと思っています。

ちぎちゃんの挨拶

103期生からたくさんの勇気をもらっているというちぎちゃん。
途中で涙が流れていました。
「初日に泣くなんておかしいな」
と照れ隠しのように言っていましたが、感極まるものがあったのでしょうね。
決して退団公演だからということではなく、
いろんな気持ちを共有できた涙とのことです。

キーワードの「絆」もいつもどおり出てきました。
ショーでも絆の場面が作られたそうですね。
トップスターが好きな言葉を押し出していくと
それにちなんだ場面を作ることができるので、
演出家側はやりやすいんじゃないかな~なんて思ってしまいました。

最後は初舞台生も一緒に「きずな! きずな!」でした。
ちぎちゃん退団後も絆コールが続いていくのか気になるところです。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!