moon『舞音』新人公演の映像をみました。

新人公演のダイジェストは本役の番手だけではなく
若手としての重要度も加味された編集になっている気がします。

本公演との違い

「なるべく多くの人を取り上げておこう」
という意図が見て取れる一方、
重要人物に関しては見せ場が多いように思います。

今回それを強く感じたのはありちゃんのシーンですね。
本公演を一度見ただけでは
「たまきちってそんなに重要な役だったか…?」
と思ってしまったのですが、
新人公演ダイジェストを見たらちゃんと2番手の役に見えました。

あと、まゆぽんに関しても思うところがありました。
としちゃんはキーパーソンの役でしたが
そこまで出番は多くなかった気がします。

それが新人公演ダイジェストではまゆぽんが結構映っていて
何らかの意図があるのかな?と思いました。

編集の苦労を思う

編集って大変ですよね。
1時間半~3時間の公演をわずか数分に収めるわけです。
しかも放送までは1日ぐらいしかありません。

そんなことを言ったらテレビ番組は全部そうなわけですが
宝塚に関してはいろいろな事情もありますし
一筋縄ではいかないだろうと推察します。

ある程度、切り取る場所は決められているんでしょうね。
本公演のダイジェストと同じような場面も見られます。

それを見てから劇場に行くと
「ここそんなに重要!?」と思うこともあるので
どんなふうに選定されているのか気になります。

主演コンビに思う

あーさはぜひトップになってほしいなぁと改めて思いました。
なんといっても見た目が麗しいのは重要です。
歌唱力も問題ありませんし、スターらしさもあるように思います。

ときちゃんはちゃぴの演技にそっくりでした。
歌も結構上手なんですね。
しかしトップ娘役になれるかというと厳しいような印象です。

一体ちゃぴの後任は誰になるんでしょうね。
月組生え抜きはトップ娘役になれない時期が続いていましたが
再びそうなってしまうのではないかと危惧しています。


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

以下、すべての記事に表示しています(2017.3.6~)。

当ブログにご意見を送ってくださったY様
メールでお返事を差し上げたのですが、
携帯のアドレスに届かなかったようです。

回答といたしましては、
このブログはあくまで個人ブログですので、
自身の判断で執筆しております。
そのため、すべてのご要望に応えることはできません。
ご了承ください。

阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!