cosmos『王家に捧ぐ歌』初日映像を見ました。
脚本は初演とほとんど変わらなかったそうですね。
アイーダと同じぐらいアムネリスが映っていました。

まぁくん大劇場お披露目おめでとう!

ラダメスの衣装がとにかくゴージャス!
フィナーレの羽根も豪華ですね。

小池先生のミュージカルとは毛色が違う作品ですが
まぁくんにはよく合っていると思います。

最後の挨拶も元気いっぱいで、
楽しそうでした。

まかぜ2番手おめでとう!

最後に3人で並んでいるところを見て、
「まかぜが2番手になったのか!」と実感しました。

ずいぶん3番手が長かったような気がしますが
とよこさんがいた頃は曖昧だったので
思ったほど長くないかもしれません。

スチール写真や階段降りの順番によると
愛ちゃんが3番手だったとのこと。

なぜか愛ちゃんは若いイメージがあります。
まかぜとは1期しか違わないんですね。

今回は一本物なので
番手ピラミッドは明確に出てきませんが、
今後のショー作品では面白いことになりそうです。

アムネリスの歌は…?

初日を見に行かれた方の感想を拝見していると
高確率で出てくるのが
「伶美うららちゃんの歌が…」というくだり。

アムネリスは歌うシーンが多いので
どうしても気になってしまうのでしょう。
高音が特に大変なことになっているそうです。

初日映像を見る限りでは
それほどひどくなかったと思いますが、
大丈夫だったシーンを集めているのでしょう。

トップ娘役仕様に書かれた役ですから
普通の娘役がやる役とは違います。

キムシン先生は制作発表会で
「フィナーレに手を加えようと思っている」
というようなことを言っていました。

本編を直す気はないのだと思いましたが
アムネリスが目立ちすぎる点について
なんとも思わないのでしょうか…。
ちょっと疑問です。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク