free2015年の大晦日を迎えました。
ことしも当ブログをご覧くださりありがとうございます。

101周年の宝塚歌劇も話題がたくさんありました。
個人的には3回だけですが劇場に行くことができて良かったです。

トップスターの交代

年のはじめは凰稀かなめさんの退団、
5月頃は柚希礼音さん、夢咲ねねさんの退団が話題になっていました。
過ぎてしまうとあの熱狂が懐かしく思えます。

交代したまぁ様とみちふうコンビもすぐに馴染んだ気がします。
『王家に捧ぐ歌』も『ガイズ&ドールズ』も大盛況でしたね。

久しぶりの観劇

子どもが生まれてからお休みしていた観劇を再開しました。
『1789』『ガイズ&ドールズ』『舞音』の3作品です。

正門ゲートが新しくなってからはじめての観劇です。
劇場内もきれいになっていて驚きました。

わたしは集中力がないので
スカイステージで見ていると途中で別のことをしてしまうことがありますが
劇場だとじっくり見られるのでいいですね。

来年も機会を見つけて行きたいです。
少なくとも月組は見ておきたいのですが、
チケットが取れるかどうかいまから心配です。

月組の変動

『1789』で「たまきちが立派になったなぁ!」と思っていたら
次の公演では2番手に確定していました。

そして年末にはまさおの退団発表。
いまのところちゃぴの退団発表はありません。
しかし他にもまさおと同時に退団する人がいそうな気がします。

あとはマギーが抜けたのが寂しいですね。
『舞音』には出演していたので
「月組にマギーがいない」という状況がまだ想像できません。

まさおの退団公演にも出演してほしいと思っていましたが
それだと専科に異動した意味がないと言われそうです。
ビジュアル的に不向きな日本物というのもネックかもしれません。


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!