moonスカイステージで霧矢大夢退団記念DVD
「My Treasure」が放送されていました。

3年半前の映像のはずですが
妙に古く、懐かしく感じました。

下級生時代のきりやん

首席だっただけあって映像が多いですね。
初舞台生のときのインタビューもありました。

まずは花組に配属されたきりやん。
下級生時代の映像には
春野寿美礼さんや蘭寿とむさんなども映っていて
豪華な顔ぶれでした。

その後月組に異動し、
あの『ノバ・ボサ・ノバ』新人公演主演や
バウホール公演の主演を果たします。

若いころから安定した実力を見せていたのが
よくわかりました。

2番手時代~トップスター時代

わたしが月組を見始めたのは
きりやんが2番手の時代でした。
どの映像を見ても懐かしく思います。

あさこさん・きりやん・ゆうひさんの並びが好きでした。
途中ゆうひさんは組替えになりますが
その後のあさきりコンビも大好きです。

その後きりやんはトップスターになり
大劇場5作品を務めました。

すでに有名な話かもしれませんが
『スカーレットピンパーネル』も
『ジプシー男爵』も『バラの国の王子』も
『アルジェの男』も『エドワード8世』も
全てきりやんがタイトルロールです。

最初のスカピンが一番良かったと思います。
あとの4作はどれも名作という感じではないでしょう。

ショー作品には恵まれていました。
わたしは『Rhapsodic Moon』が一番好きです。

サヨナラショー

霧矢大夢サヨナラショーは
トップ時代の作品のナンバーが中心でした。

スカピンが出てこないので
「著作権の都合かな?」と思っていたら
中盤に「あなたこそ我が家」が登場して
胸にグッときました。

たぶんスカイステージで一度見たはずなのですが
全然覚えていなくて、
「この曲が来たか!」と新鮮な思いで見ました。

最後の曲が著作権の都合で差し替えになっていて
一番盛り上がるところが欠けていたのが残念でした。
ちなみに「You Raise Me Up」だそうです。

サヨナラショーだけでもお腹いっぱいという感じです。
きりやん時代を思い出してしみじみしました。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!