moonきのうの記事でかちゃについて書いたので、
きょうはみやるりについて思うところを書きます。

トップになるのはかちゃ以上に厳しい気がしていましたが、
多少可能性が残っているような気もします。

みやるりの存在を知った頃

かちゃが破竹の勢いを見せていた2009年ごろは
みやるりにとっても転換期だったと思います。

『太王四神記 ver.2』は女役のスジニ。
わたしはこのころ彼女の存在を知りました。

2010年『ハプスブルクの宝剣』で新人公演初主演。

バウホール公演『摩天楼狂詩曲』や
『メイちゃんの執事』でも重要な役を演じていました。

月組に組替え

2012年に月組に組替えとなったみやるり。
そのときは月組に同期のみりおがいたので、
みやるりはトップ候補ではないだろうと思っていました。

わたしは『ロミオとジュリエット』で
初めて彼女の舞台を見ました。

いまでこそ月組になじんでいる彼女ですが、
当時はまだ少し違和感があった気がします。
ちょっと濃いな、と思いました。

マギーと芸風が似ているように感じたので
ベンヴォーリオとマーキューシオだったのは
しっくりきていました。

今回の『1789』でも
革命派の敵となる王党派で、近い立ち位置にいます。

かちゃとセット?

その後みりおが抜け、
月組にやってきたかちゃとほぼ同格の扱いになります。

『ミーアンドマイガール』ではジャッキーとジェラルドの役替わり、
『THE KINGDOM』ではダブル主演でした。

公演によって扱いの差はあるので
完全に同格というわけではないのですが、
意図的に番手をごまかしている雰囲気はあります。

『1789』に関しては
みやるりのほうが美味しい役だったうえ、
フィナーレの最初に歌っていたので
まだトップスターの可能性は残っているのかな?と感じました。

Wトップ復活?

Wトップ構想もあるのでしょうか。
昔はそういう時期もあったと聞いていますが
いまやるとなるといろんな問題が生じそうですね。

主役が役替わりになってしまうのかとか、
デュエットダンスはどうなるのかとか、
階段降りの順番はどうなるのかとか、
トップスターを並べた写真が変な感じになるとか、
いろんな疑問が湧いてきます。

近年、娘役トップスターを置かないとか、
準トップ制度という試みをしてきた月組なので、
Wトップ復活というのもあり得るかもしれません。

しかし個人的な思いとしては
そんなことをするぐらいなら短期間でもいいから
2人とも順番にトップにしたらいいじゃない、と思います。


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!