flower花組みりおのお披露目公演『エリザベート』。
あっという間に終わってしまった感じがします。

結局観に行けませんでしたが、
評判も良かったみたいで何よりです。

エリザベートは連日大入り!

劇場は連日大盛況だったようでなによりです。

月組の2009年エリザベートのときは新型インフルエンザが流行っていて、
エリザベートなのにチケットが取りやすかった記憶があります。
演目の記憶と世相の記憶って結びつきますね。

DVDとブルーレイ

今後はDVDが8,640円、
ブルーレイが10,800円になるようですね。

いずれスカイステージでやることはわかっていても、
好きな演目のDVDは買いたくなってしまうのではないでしょうか。

特に『エリザベート』は版権の問題で
数年先になることも珍しくありませんし、放送回数も限られています。

1回きりの放送で録画失敗するとしばらく立ち直れなくなるというのが
スカイステージ民あるあるかもしれません。

エリザベート千秋楽映像

さて、エリザベートの千秋楽映像を見ましたが
みりおトートはほんとに美しいですね~。

サヨナラショーの関係で最後の挨拶が
トート姿じゃなかったのが残念でした。

主演経験が豊富なだけあって、
トップ大劇場お披露目とは思えないほど堂々としています。

全然関係者でもないのに
「みりおちゃんよかったねぇ」
とジーンとしてしまいました。

今後のみりおに幸多きことを祈ります。

退団者の挨拶では一花ちゃんの挨拶が飛び抜けて素晴らしかったです。
一言一言かみしめるように話す姿はさすがベテランといった風情。
大好きな宝塚を去ることが彼女にとってどんな意味を持つのか、
いろいろと考えさせてくれる、胸に迫る挨拶でした。

次は月組『PUCK』

ここ数年、宝塚大劇場のチケットというのは
すんなり手に入るイメージでしたが、今は違うんですね。
100周年と『PUCK:をナメていました。

初演はもはや伝説ですから、
今回のPUCKは賛否両論ありそうです。
しかしまさおならネガティブな意見を吹き飛ばすような
PUCKを演じてくれるでしょう。

稽古場映像を見て思ったのは
ちゃぴが可愛くなっている!ということです。

もともと可愛かったとは思うんですが、
ハーミアを演じるちゃぴを見てここまで可愛かったっけ?
と思ってしまいました。

月組生としてはラストとなるコマちゃんの熱演も楽しみですし、
マギーの王様っぷりにも興味があります。
PUCKも大入りになることを期待しています。


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!