snowスカイステージで「はじまりの時~新生雪組 望海風斗~」を見ました。
公式サイトの写真を見たら
「それでいいの?」と突っ込みたくなりましたが、
番組自体はだいもんの落ち着きぶりが心地よかったです。

だいもんへの印象

わたしはだいもんに対してあまりイメージがないことに気付きました。
歌がうまいということは知っています。
スカイステージでもたびたび見ているはずなのですが、
これといってキャラクターがつかめていません。

だいもんの生の舞台を観たのは2011年花組『ファントム』までさかのぼります。
ほとんど目立たない役でした。
劇中劇でオーベロンをやっていたぐらいでしょうか。

フィナーレでもたしかだいもんがソロを歌う場面があったのですが、
わたしはそれを見ても誰だかわかっておらず、
あとになって「あれがだいもんか」と思ったぐらい無知でした。

トップスターになれてよかった

ファントムの頃、同期のみりおは月組で2.5番手ぐらいでした。
それと比べると出世が遅く、いまとなっては非常に失礼な話ですが、
だいもんはトップにならないとすら思っていたぐらいです。

たぶん1期上にまぁ様がいたのも、そう思った要因です。
バウホールで2回連続まぁ様主演作の2番手になっていて、
これはなんらかの意図があるのでは…なんて思っていました。

しかしこれはわたしの素人考えでしたね。
まぁ様が宙組に行ってからはするすると出世して、
見事にスター街道を歩んでくれました。

このたびスカイステージで「はじまりの時」を見て、
「だいもんがトップスターになった! よかった!」と実感しました。

琥珀色の雨にぬれて

プレお披露目は『琥珀色の雨にぬれて』です。
きのうの記事で書いた『仮面のロマネスク』と同じく、
タイトルは聞いたことがあるけれどちゃんと見ていない作品です。

スカイステージで何度も放送していると思うんですけどね。
もっとしっかり見ないともったいないですね。

「コートダジュール」とか「ニース」という地名が出てきて、
こち亀の中川や麗子の別荘を思い出しました。

大劇場お披露目の『ひかりふる路』も気になるところです。
ワイルドホーン氏が楽曲提供することになったので、
どんな名曲が生まれるのか楽しみにしています。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク