moonスカイステージで『ガイズ&ドールズ』を観ました。
2002年版で、主演は紫吹淳さんと映美くららさんです。
わたしはみっちゃん星組版しか観たことがなかったので、
とても新鮮に感じました。

りかくらコンビの印象

わたしが宝塚を見始めたのは紫吹さんの退団後です。
最近ではバラエティ番組のイメージが強いですが、
めちゃくちゃカッコいいですね!

スカイとみっちゃんはあまり合わないと思っていたので、
紫吹さんのスカイを見て
「スカイってこういう人だったんだなぁ」と腑に落ちました。

えみくらちゃんとのコンビも思っていたより合っていた気がします。
当時を知る人からは「大人と子供みたいだった」みたいな評判が多くて、
不釣り合いというイメージばかり先行していました。

ガイズは難攻不落な女の子を落とすという話ですから、
一見アンバランスなふたりもアリなのかなと思いました。

今度宙組のトップコンビとなるまかぜとまどかちゃんも、
りかくらコンビのような持ち味の違いがありますね。
果たしてどんな作品に挑戦するのでしょうか。

懐かしい月組の面々

2015年星組版ではことちゃんのアデレイドがうますぎて、
衝撃を受けました。
特にくしゃみのうまさは伝説に残るレベルです。

2002年月組版ではきりやんがアデレイド!
きりやんもやっぱり上手くて、ちゃんとかわいかったです。
当時研9なのにすでにベテラン感がありますね。
オールドミスとしてはこっちのほうが似合っている気がします。

ほかにも懐かしい月組生がたくさん見られました。
越乃リュウさんのハリー・ザ・ホースがいい味を出していますね。
ラスティのみっちゃんに関しては
「のちのスカイか~」と思いながら見ていました。

最下級生が87期ということで龍真咲さんも出ていたはずですが、
なかなか見つけることができませんでした。
それらしき人はいたものの、確信は持てません。
もりえやマギーはわかりましたけどね。
すーちゃんらしき人も見つけることができました。

ガイズ&ドールズという作品

『ガイズ&ドールズ』自体がすごく面白いですね。
すっかり見入ってしまいました。

ストーリー自体はよくあるラブコメディですが、
ギャンブラーやショーガールの見せ場が多くて楽しめます。

中でも、ギャンブラーが教会に集まるシーンが大好きです。
ギャンブラーたちがなんやかんやと従っている様子に、
なぜか感動して涙が出てきます。

ゆらさんのカートライト将軍はやりすぎのような気もしますが、
これだけ突き抜けていたら「それでいいよ」と思ってしまいます。

放送してくれたスカイステージには感謝感謝です。
8月11日にもう一度放送があるので、見逃した方はぜひ!

[PR]今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク