moonいまさらながら月組『All for One』制作発表会の話題です。
映像をじっくり見ることができていなかったのですが、
スカイステージの放送をようやく見られました。
普通の作品だったらいいな、とハードルを低くしています。

登場人物とパフォーマンス

わたしはなぜか小池先生に対する信頼がないようで、
あまり期待しないでおこうと思ってしまっています。
面白かったらうれしいですし、つまらなくても納得できるでしょう。

しかし、少なくとも制作発表会のパフォーマンスはカッコ良かったです。

大胆不敵のありちゃん、沈着冷静のとしちゃん、世紀の色男みやるりときて、
無敵のヒーローたまきちですよ!
このメンバーでつまらないはずがないじゃないですか!

組替え後初の大劇場となるれいこちゃんは、冷酷非情な剣士。
さらに復讐を企てるコマちゃん(女装)まで現れて、
「私の魅力で骨抜きにしてやる」ですからね。

そして我らがお仕えするルイ14世殿下が登場!
ちゃぴの出オチ感すごくないですか。
ひとりだけ異色な存在であることはもちろんですが、
これをトップ娘役がやるというのが面白いですね。
わたしとしては「ちゃぴだからいいか」という感じですが、
あまり好ましくないことなのかもしれません…。

会見の様子

「三銃士がどんなぶっ飛んだ小池ワールドになるのか」と、
スポンサーさんからも期待されているようで、
「大丈夫かな…」とますます心配になってしまいました。

その小池先生は『All for One』というフレーズに触れて、
ラグビーの合言葉でもあり、
「一心同体」という四字熟語になることもあると説明。
いまの月組にぴったりと言っていました。

たまきちは冒険活劇がとても好きで、
スカッと爽快感のある物語になるのが楽しみとのこと。

たまきちが冒険活劇というだけでかなり面白そうです。
現段階ではかなりネガティブな見方をしていますが、
観に行ったら「月組最高!」と言っていると思います。

れいこちゃん3番手?

あと特筆すべきは会見にれいこちゃんまで出ていたことでしょうか。
たまきち、ちゃぴ、みやるりに加えてれいこちゃんということは、
3番手と見て間違いないでしょう。

といってもいろんな事情があって、
幕が開いたら「ありちゃんのほうが目立ってる?」となりそうですが、
今作はれいこちゃんもかなりおいしい役だと思います。

れいこちゃんの演技を生で観るのははじめてなので、楽しみです。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク