moon『1789-バスティーユの恋人たち-』の感想第4弾。
きょうは娘役の皆さんについて思うまま書いていきます。
娘役の役が少ない作品ですが、
群衆の中でもしっかり演技をしている様子が印象的でした。

役替わりBパターン

わたしが見たのはBパターンで、
オランプ役が早乙女わかばちゃん、ソレーヌ役が花陽みらちゃんでした。
たまたま見たい組み合わせだったので良かったです。

それぞれの役以外のときには
民衆(女)や貴族の女で出演しますが、
ほとんど目立ちません。

わかばちゃんはそれほど上手くないと聞いていたので
そのつもりで見ました。
思っていたより下手とは思いませんでしたが、
トップ娘役になる器かというとそうでもない気がしました。

こんなこと言ってトップ娘役になるかもしれないので
ファンの皆様は気になさらないでくださいね。

ちゃぴのアントワネットがすごすぎて
オランプはどうしても霞んでしまう感じがします。

みくちゃんのソレーヌはさすがといった印象。
少し汚れた役がとても上手ですね。
こういう芸達者な娘役さんには長く在団してほしいと思います。

ポリニャック役 憧花ゆりの

わたしはすーちゃんが大好きです。
どんな役でも期待に応えてくれる安定感がたまりません。

不相応な大役が付くことがたびたびあって
苦手な人にとってはしんどいだろうなぁと思いますが
ファンとしては喜ばしいことです。

今回のポリニャック役もマリー・アントワネットの友達ということで
結構な大役ではありますが、
それほど目立つことはなくいいポジションだったと思います。

今回ぐらいの使い方がいいんじゃないかな~と思っていたところに
エトワールとして登場したので
「エトワールかい!」と心の中でつっこんでしまいました。
独特な声ではありますが、歌は上手だと思います。

リュシル役 琴音和葉

先日も娘役の役がほとんどないと書きました。
オランプ、ソレーヌ、ポリニャック以外では
あずちゃんのリュシル役ぐらいしかやることがない気がします。

『1789』で退団するあずちゃん。
カチャ演じるデムーランの奥さん役でした。
主な配役には載っていないものの
そこそこ重要な役だったように思います。

デムーランは『ベルばら』に出てくるベルナールのモデルらしいので
リュシルはロザリーに相当する役ということになります。

ロザリーがオスカルに出会わなかったら
革命派の中で伸び伸び生きていたのかな、と思いました。

その他の娘役たち

あと娘役が演じる子役がいました。
シャルロットの紫乃小雪ちゃんと
王太子ルイ・ジョセフの舞雛かのんちゃんです。
二人とも可愛かったです。

プログラムでは「娼婦」としてまとめられてしまっている
まいまい、なつこ、くれあ、さち花、ちゅーの5人。
名もなき役ではありますが、
群衆の中でもそれぞれ光る演技をしていました。

【『1789』感想へのリンク】
1789回観たいと思った月組『1789』
番手なんてどうでもよくなる月組『1789』感想その1
『1789』はまさおの代表作となるのか?感想その2
主要キャストはみやるり一人勝ち?『1789』感想その3
印刷工のダンスがうますぎる『1789』感想その5
とにかく観に行ったほうがいい『1789』感想その6


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク