moon男役の2番手がたまきちに固定された
『舞音』『GOLDEN JAZZ』ですが
娘役のほうはわかばちゃんとくらげちゃんが
2番手、3番手になっているようでした。

二人の使われ方

『1789』では役替わりでヒロインを演じた
わかばちゃんとくらげちゃん。

『舞音』ではわかばちゃんがシャルルの婚約者、
くらげちゃんはマノンの小間使いと
身分に隔たりのある役になっています。

役の比重としてはわかばちゃんが2番手娘役、
くらげちゃんが3番手娘役という感じです。

『GOLDEN JAZZ』のほうでは
二人一組で使われていることが多かったです。
バランスとしては非常によくできていると思いました。

わかばちゃんのヒロイン力

ただ、一つだけ二人の大きな差として感じたのは
わかばちゃんの持つヒロイン力です。

月組娘役を見て目立っている順を付けると
ちゃぴ>わかば>すーちゃん>くらげ
という印象です。

すーちゃんより目立てるかどうかというのは
路線娘役としてかなり重要なことのように思います。

ヒロイン力とか目立っているかどうかというのは
個人の受け取り方だと思います。

わたしが見た限りではわかばちゃんが出てきたときに
「あぁこの子は重要人物なのだな」
とはっきり判る華がありました。

くらげちゃんもこれから力を付けてくるかと思いますが
わかばちゃんのヒロイン力が天性のものだとしたら
なかなか追いつけないような気がしました。

すーちゃんの存在感

あまり他の組の公演を観ないので
副組長ってこんなに目立つものなのかよくわかりませんが
少なくともあーちゃんはここまで前に出ていなかったような…。

『舞音』ではかなり重要な役をやっていますし
『GOLDEN JAZZ』でも目立つソロの場面があります。

今後すーちゃんが抜けたらどうなるのかな…と思ってしまいます。
なっちゃんやさち花ちゃんあたりが後任でしょうか。

【月組公演感想へのリンク】


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク