moonきのうは勢いで絶賛してしまったけれど
他の人にとってはつまらないのではないかと
ちょっと不安に思いつつあります。

あくまで個人の感想ということでお許しください。

代表作うんぬん

わたしは本当に「これがまさおの代表作になる」と思いました。
いままでの大劇場作品を振り返ってみると
ロミジュリ、ベルばら、ルパン、三本立て、PUCK、1789、舞音です。

このうち3本は再演。
1789は初演だけど海外ミュージカル。
三本立ては100周年記念のお祭り作品。
残るルパンと舞音を天秤にかけたら明らかに舞音が上です。

本人は1789のときに「代表作になるような作品にしたい」と言っていて、
確かにその意気込みに負けない出来栄えだったと思います。

ただ1789には宝塚らしくないという印象はあって
そういう意味では舞音のほうがふさわしい感じがします。

まだ退団すると決まったわけではないので
今後さらなる名作が生まれる可能性もありますが
わたしは「舞音が出てきてよかった!」と思いました。

シャルル役がすばらしい

シャルルという役はまさおによく合っていました。
1789のロナン役も似合っていると思いました。
感情のままに突っ走ってしまう役が上手なのでしょう。

観ているこちらは破滅に向かうことがわかっていて
「なんでそんなことをするのか」と思ってしまいますが
本人はそれを止められないんですね。

『舞音』も『GOLDEN JAZZ』もまさおの存在感が大きくて、
こういうトップスターが観たかった!
と思わせてくれる作品になっていると思います。

ちゃぴの安定感

ちゃぴは期待通りのマノンでした。
マリー・アントワネットは役として大きすぎる感じがしましたが
マノンはちょうどいい感じがしました。

ちゃぴ自身が良い感じに大人になっているような気がします。
トップ娘役就任直後にマノンはできなかったでしょう。

『GOLDEN JAZZ』ではちゃぴメインの場面があって
高い身体能力を存分に発揮しています。
今後も新たな伝説を作っていきそうな予感です。

【月組公演感想へのリンク】


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク