moon1回目観たときには「カンパニー最高! BADDYよくわからん!」
という感想だったのですが、
2回目を見たらまたちょっと印象が変わりました。
お芝居とショーが絶妙な組み合わせだったと思います。

カンパニーは初回が一番面白い

カンパニーは最初に観るときが一番面白くて、
BADDYは最後に観るときが一番面白いと思います。

カンパニーはどうしても説明が多いので、
2回目に見ると「その説明聞いたよ」と思ってしまうのです。
話の流れもわかっているので、
初回ほどの楽しさはないかなという感じ。

客席から漏れる笑い声も減っていました。
たとえば青柳がルイ14世のことを話すくだり、
相手が『All for One』でルイ14世を演じたちゃぴということで
初日の翌日に観たときには笑いが起こっていたのですが、
今回はほとんど笑いがなかったです。
(わたしのまわりだけかもしれませんが)

逆に瑞穂先生が煙草を吸おうとして注意されるところ、
1回目にはほとんど笑いがなかったのに今回は笑い声が聞こえて、
みんなBADDYを連想したのだろうなと思いました。

でも決してつまらないというわけではないです。
前回気付かなかった細かいところも観られて楽しめました。

BADDYって悲劇じゃないか

『BADDY』の本編って悲劇ですよね。

それがフィナーレの大団円ですっかり塗り替えられてしまって、
あの悲しいラストを忘れてしまうような気がします。

変なたとえですが、陣痛の痛みを忘れてしまうような感じ。
すごくいろいろあったはずなのに、
フィナーレの幸せなどんちゃん騒ぎが余韻に残ります。

今回はせんすがたばこに変わる瞬間をちゃんと見ました。
なんで前回見逃したんだろう?と思うぐらいちゃんとやっていましたね。

「あんなおもちゃがあったら面白そうだな~」と思いましたが、
いまの時代たばこのおもちゃはNGかもしれません。
たばこではない何かに変わる仕掛けになったら面白いですね。

スイートハートさんの破壊力

1回目の感想で、
「みやるりの高野悠とスイートハートは振れ幅が小さくて物足りない」
なんて書いたのですが、そんなこともないですね。

スイートハートは場面ごとにいろいろな表情を見せてくれていて、
見ていてとても楽しかったです。

今回はスイートハートの登場シーンをしっかり見るぞ!と思って、
ライトが当たっていないときからオペラグラスを構えていました。
悩ましい投げキッスが見られてとても幸せでした。

面倒くさそうにパスポート偽造しているところもいいですね。
なぜあれをレッスンしようとしたのでしょう。

あとは女装姿が美しすぎる!
ずっと太ももばかり見てしまいました。

ほかにも書きたいことを帰りの電車でちゃんとメモしてきたので、
またコツコツと発表していきます。

←感想5へ  感想7へ→


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク