snow前回の大劇場公演『幕末太陽傳』は映画館でみました。
大劇場で雪組公演を観るのは2006年のベルサイユのばら以来です。
なんで行く気になったのだろう?と自分でも思ってしまいましたが、
観にいって良かったと心から思えるような作品でした。

だいもんきほちゃんおめでとう!

今回の作品は望海風斗さん、真彩希帆さんの大劇場お披露目公演です。
ふたりとも歌が上手いコンビということで楽しみにしていましたが、
想像以上に上手いですね。
映像で観ているだけでは伝わらないような迫力があって、何度も圧倒されました。

だいもん以上にきほちゃんのインパクトがすごかったです。
トップ娘役になるまで、どこに隠してきたのだろうと思うような技量でした。
わたしが見ていないだけで、
ファンの皆様からは「前からそうだよー」と言われそうですが。

二人ともフランク・ワイルドホーン氏の曲を役として歌いこなしています。
歌詞もはっきり聞き取れました。
これからどんな作品を演じるのか楽しみですね。

雪組のあーさとSUPER VOYAGER!

月組から雪組に組替えとなったあーさ。
雪組に溶け込んでいてちょっと寂しい気持ちもありますが、
しっかり活躍していてうれしくなりました。

『SUPER VOYAGER!』のオープニング、
ひとこちゃんと娘役が舞台上の階段から降りてきて、
「次があーさの番かな?」とオペラグラスを構えていたら、
銀橋で歌い出して「マジかー」となりました。

しかも「美しい雪の朝に告白しよう」みたいなこと歌っていて、
見ているこちらとしては赤面ものですよ。

『SUPER VOYAGER!』全体が赤面度の高いショーでしたね。
だいもんが空から降りてきて、
「オレがギュッて暖めてあげる」
みたいなことを言い出した時点で赤面しました。
その後もちょっと笑ってしまうような演出が多かったです。

どちらもいい作品でした

『ひかりふる路』は前半ちょっと意味がわからなくて、
眠くなってしまうシーンもあったのですが、
ロベスピエールが闇落ち(?)してからがすごかったです。

特に咲ちゃんジョルジュと二人きりのシーンが最高でした。
二人の決死の駆け引きにドキドキします。

『SUPER VOYAGER!』も面白かったのですが、
映像を多用している点がちょっと気になりました。
海の映像はパチンコの海物語みたいでした。

映像技術は時代による移り変わりが激しいので
数年後にスカイステージで見たら古い印象になっていそうで怖いです。

しかしこれは重箱の隅をつつくような指摘であって、
(海物語みたいって言いたかっただけ)
ショーの内容はとてもすばらしかったです。

わたしは「魔女の宅急便」の曲が使われているシーンが好きです。
こんなシーンを月組でも見たいなぁと思いました。

感想2へ→


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク