cosmos宙組新トップコンビの大劇場お披露目作品が発表されました。
大劇場お披露目は再演や一本物をやることがよくありますが、
今回は二本立てで、お芝居が新作、ショーが再演となっていますね。
新トップコンビに合う作品なのか、気になります。

天は赤い河のほとり

タイトルを聞いても全然ピンときませんでした。
「そらはあかいかわのほとり」と読むんですね。
少女マンガに疎いことがよくわかります。

ベルばらみたいに古い作品なのかと思いきや、
1995年~2002年に連載されていたそうで、
当時12歳~19歳だったわたしはむしろ直撃世代のはずです。

一応りぼんとジャンプぐらいは読んでいたんですけどね。
前にも書いたとおり、好んで読んでいたのがこち亀やマキバオーなので、
同世代とは全然話が合いませんでした。

『天は赤い河のほとり』の画像も見たのですが、
「なんかすごそう」という小学生並みの感想しか浮かびませんでした。

女性の後ろに男性が立っている構図を見て
「『ポーの一族』もこんな感じじゃなかった?」と思いましたが、
見比べてみたらだいぶ違いますね。

シトラスの風

一方、ショーは『シトラスの風』です。
『シトラスの風-Sunrise-』~Special Version for 20th Anniversary~
となっているので、いちおう再演ではないのかもしれません。

『シトラスの風』というと「明日へのエナジー」の場面で、
熱唱している出雲綾さんばかりが印象に残っています。
劇場では見ていませんが、スカイステージで流れる映像で必ず抜かれるので、
とてもインパクトがあります。

近年『シトラスの風』をよく再演していますが、
『宙FANTASISTA!!』の再演も見てみたいですね。
オープニングで生まれてくる真風王子を見たかったです。

宙組本を買った

きのう宙組本が届きました。
表紙のまぁ様とまかぜに気を取られていましたが、
裏表紙のふたりがすばらしいです。

じっくり読んでから感想を書こうと思っています。

【Amazonへのリンク】
ザ・タカラヅカ 7 宙組特集 (タカラヅカMOOK)


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク