moonグランドホテル東京公演の稽古場映像を見ました。
大劇場公演と東京公演で間が空くので、
いつも以上に自分が見たのが過去のことのように感じます。
これから見られる人がうらやましいです!

月組稽古場映像

『グランドホテル』のを観た後で稽古場映像を観ると、
全体の構造がわかっているので
「こうやってお稽古していたのか~」と感じます。

舞台が暗くて中心以外誰がいるのかわかりませんでしたが、
稽古場を見たらわかりました。

特に、たまきち男爵とちゃぴグルーシンスカヤのシーンは
「みんなどんな顔で見ているんだろう?」と思っていたのが、
稽古場を見て、あんな顔をしているということがわかりました。
やっぱり暗い中でもしっかりお芝居しているんですね。

稽古場はあーさラファエラ、ありエリック、
くらげちゃんフラムシェンバージョンでした。

あーさラファエラバージョンが見られなかったのは心残りです。
ありちゃん曰くクレオパトラみたいなあーさラファエラ、
見にいかれる方はぜひ堪能してきてください。

せりちゃんとちゃぴの稽古場情報

稽古場映像の次は、副組長せりちゃんとちゃぴの稽古場情報でした。
「はじめまして」とあいさつを交わしていましたが、
稽古場情報ははじめてということなんですね。
万が一この二人が本当に初対面だったらおかしなことです。
(勘違いする人もいないと思いますが)

グランドホテルの大変なところとして、
「マス目どおりに椅子を置くこと」が挙げられていました。
生徒さんだけでやっているんですね。
間違ったらお芝居の進行に支障が出るということもあって、
プレッシャーがすごそうです。

ちゃぴはラストのグランドワルツが好きなのだとか。
たしかにあれはグランドホテルという枠から飛び出たような、
とても生き生きとしたダンスですよね。

演出家のトミー・チューンさんがちょちょっといじっただけで、
お芝居がかなり変わったという話もしていました。
そんな重要な演出もトミー・チューン氏がなさっていたのですね。

まわるまわるカルーセル

稽古場情報はショーの話へ。
「まわるまわるカルーセル~」という主題歌について、
一度聴いたら離れないと二人が話していましたが、
たしかにそのとおりですね。
我が家の娘も一緒に歌っています。

斬新さと宝塚らしさをあわせもっているのが
カルーセル輪舞曲の魅力だそうです。

たまきちがシンプルな黒燕尾を着ていることや、
ちゃぴが月組カラーの黄色い衣装を着ていることに触れて、
新生月組の誕生を喜んでいる様子が伝わってきました。

「明るく楽しく元気よくをモットーに参ります!」というせりちゃんと、
「わたしも体調管理に気を付けてがんばります!」というちゃぴ。
東京公演がますます楽しみですね。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク