cosmos宝塚巴里祭2012の放送を見ました。
当時みっちゃんは宙組を出て専科に入ったばかり。
宙組の男役4名、娘役4名と共に出演しています。
CD-BOXにも宝塚巴里祭から3曲が収められています。

みっちゃん円熟のパフォーマンス

みっちゃんっていつからベテランだったのでしょう。
2012年の時点で間違いなくベテラン感が出ています。

でもいまと比べると確実に若いんですよね。
この時にトップに就任していたらどうなっていたかな、
なんてどうにもならないことを想像してしまいます。

それだと風ちゃんと組むこともなかったでしょう。
みりおんと組んでいた可能性もあるのかな…?

みちふうコンビのお似合いぶりを見ていると
しばらく待った甲斐があったのかもしれません。

宝塚巴里祭2012の見どころ

「私の兵隊さん」ではみっちゃんが女装で登場。
ジプシー男爵で豚飼いの娘が着ていた衣装でしょうか。
男役と娘役の1人2役をやっているのが面白かったです。

赤い衣装が印象的な「ケサラ」では
あまりに盛り上がるのでもうフィナーレ?と思ったら
まだ30分しか経っていませんでした。

本格的なフラメンコもすごいですね。
ディナーショーの枠を超えたパフォーマンスです。

瀬戸花まりちゃんをつかまえて
「平成生まれですから」と
すみれコードに踏み込みあたりもさすがでした。

その他思ったこと

モンチはみっちゃんのお気に入りでしょうか。
何かと気にかけていた気がします。
現在公演中のエリザベートではヴィンディッシュ嬢役ですが
スカイステージでまだ明らかになっていないので
観に行くまでお楽しみにしていたいと思います。

ずんちゃんは当時からスター性がありますね。
まだ成長途上な雰囲気が良いです。

「みっちゃんっていつもこんな感じじゃない?」と思ったら
構成・演出が岡田敬二先生でしたか。
みっちゃんの良さがわかりやすく出ているものの
意外性には欠けるような気もします。
とは言え、奇をてらって失敗するよりはいいですね。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク