flower台湾公演初日映像を見る限り、
花乃ちゃんがまだまだ固い印象を受けました。

もう一皮むけてくれないかな?
と思ってしまいます。

王妃の迫力が足りない?

台湾公演初日の映像の中で
花乃ちゃんマリー・アントワネットの登場シーンを見て
固いなぁ~と感じてしまいました。

マリー・アントワネットの登場シーンは
擬態語でいえば「バーン!」というところで
とにかく王妃らしく堂々と登場する必要があります。

延期明けの初日だから特に固く見えたとか
映像だから迫力が伝わりづらいとかいう要因も考えられますが
ちょっと王妃らしさに欠けるかな?と思いました。

キャリアが足りない?

花乃ちゃんはトップ歴も浅いし
前回台湾公演に行ったねねちゃんと比べるのは酷よね、
と思っていたところに韓国公演の放送。

となみちゃんのマリー・アントワネットを見て
「そうそうこれがマリー・アントワネットよね!」
と思ったのちにふと気付きました。

当時のとなみちゃんはトップ娘役に就任してから
まだ3ヶ月ではないですか。

それまでのキャリアが違うと言えばそれまでなのですが
持って生まれた素質なのかもしれないとも思いました。

華が足りない?

これは好みの問題なので
となみちゃんより花乃ちゃんのほうがアントワネットらしい
と思われる方もいることでしょう。

技術的な面はよく判っていないので
花乃ちゃんのほうが上手なのかもしれません。

それでも海外公演を務めるトップ娘役として
となみちゃんのほうが圧倒的に華がありました。

さらに花乃ちゃんは96期であることに加え
みりおの相手役ということもあって
世間の目が厳しくなっていることと思います。

これからさらなる成長を見せてくれるのかどうか。
頑張ってほしいものです。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク