all2017年が終わろうとしています。
ことしも平穏無事に終わってよかったです。
当ブログ「ヅカメモ」は途中で更新が少なくなりましたが、
更新のたびにご覧くださる皆様に感謝しております。

2017年の観劇

わたしにとって、劇場に通った回数が最も多い年になりました。
1年で全組見たのはわたし史上初のことです。

月組『グランドホテル/カルーセル輪舞曲』2回
星組『スカーレットピンパーネル』1回
花組『邪馬台国の風/Santé!!』1回
月組『All for One』2回
宙組『神々の土地/クラシカルビジュー』1回
雪組『ひかりふる路/SUPER VOYAGER!』1回

これに加えて、雪組『幕末太陽傳/Dramatic “S”!』の
東京千秋楽ライブ中継を映画館で見ています。

一押しはグランドホテル

観に行った舞台はどれも印象に残っているのですが、
中でも一番「観に行って良かった!」と思ったのは、
月組の『グランドホテル/カルーセル輪舞曲』です。

初見では『グランドホテル』がよくわからなくて、
「たまきちの大劇場お披露目なのにこんな作品なの?」
と思ってしまいました。

しかし後からじわじわ効いてきて、
二回目に見たときにはすっかりハマってしまいました。

ショーの『カルーセル輪舞曲』も素晴らしかったですね。
テキーラの曲が流れるメキシコのシーンは最高でした。

たまきちとみやるりがトップと二番手として手を取り合う姿に、
「これが新生月組か!」と感動したのを覚えています。

それぞれの感想

ほかの公演について、ひとことずつ感想を書いていきます。

スカーレットピンパーネル

やっぱりスカピンは楽しいですね。
紅パーシーが生き生きとしていてよかったです。

幕末太陽傳/Dramatic “S”!

ライブビューイングとはいえ、ラストデイに立ち会えて感動しました。
行く前は「映画館でも拍手するのかな?」と思っていたのですが、
途中で自然と拍手したくなるということがわかりました。

邪馬台国の風/Santé!!

『邪馬台国の風』は駄作駄作と言われていたものの、なかなか面白かったです。
たまにはこういう作品もいいのではないでしょうか。

All for One

邪馬台国とは逆に『All for One』は評判ほどハマりませんでした。
愉快なミュージカルなのですが、期待しすぎたのかもしれません。

神々の土地/クラシカルビジュー

『神々の土地』はすごくよかったです。
ロシアに行ったことなんてないのに、ロシアの風を感じた気がしました。

ひかりふる路/SUPER VOYAGER!

お芝居もショーも素晴らしかったです。
だいきほコンビの歌を聞くためにまた雪組公演に行きたいと思いました。

2018年の観劇はじめは『ポーの一族』

わたしはいつも公式のオンラインチケットか阪急交通社でチケットを買います。

ほかの公演ならいったん売り切れても後からぽっと出てくるのに、
『ポーの一族』はなかなか出てきませんでした。

日々チェックしていたら、わたしが行ける日のチケットがぽっと現れて、
無事に購入することができました。
たまたま『ひかりふる路』を観たのと同じ席でした。

『ポーの一族』は小池先生の気合いが入った作品ということで、
「大丈夫かな? 面白いかな?」と勝手に心配していますが、
『邪馬台国の風』を乗り越えた花組なら大丈夫でしょう!
ひとまわりもふたまわりも成長したみりおの姿を楽しみにしています。

ことしもヅカメモをご愛顧いただき、ありがとうございました。
来年もちょっとずつ更新していきますので、よろしくお願いします。

Twitterでも日々つぶやいています。
フォロー大歓迎です!→@muumemo


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク