moon月組公演『1789 -バスティーユの恋人たち-』の制作発表会。
けさのタカラヅカニュースでその様子が放送されていました。
公式HPにも写真が載っています。
日本初上陸のミュージカル、どんな作品か楽しみです。

初演の価値

7年前に『スカーレットピンパーネル』が上演されたときには
えらい作品が来たものだと驚いたものですが
『1789』にもそういうインパクトがあるといいなと思います。

再演されることになると
「初演のほうが良かった」と言われることがほとんどなので、
初演には価値があると思います。

こんなこと言っておいて再演されなかったり
「再演のほうが良かった」と言われてしまったりするかもしれません。

ちゃぴの鬘が気になる

制作発表会はすでに写真では見ていたものの、
動く映像で見るとまたちょっと感じ方が違いますね。

とにかく大きなちゃぴアントワネットの鬘は
写真で見ると「おいおい大丈夫か」という感じでしたが
映像で見るとなんだかわりと違和感がないというか、
衣装と相まってお花畑な感じで良かったです。

ずっとかぶっていたら頭が痛くなりそうですが
そのあたりは根性で乗り切るんですかね。
がんばってほしいと思います。

バスティーユ陥落というネタバレ

男役の皆さんはちゃぴと対照的にシンプルなお衣装です。
まさお、カチャ、たまきちが革命側の人間で、
ちゃぴ、みやるりが貴族側の人間ということですね。

お金持ちというイメージがあるカチャが貴族側じゃないのか~
とちょっと思ってしまいました。

フランス革命に関しては「革命が成功する」という
ある意味最大のネタバレが終わっているネタではありますが、
どのようなストーリーで見せてくれるのか楽しみにしています。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク