cosmos宙組『神々の土地/クラシカルビジュー』で退団される伶美うららさん。
初日直後から「うららが美しい」という感想をよく目にします。
まぁ様とまかぜを見たいのはもちろんですが、
うららちゃんの美を見納めようと宙組のチケットを取りました。

劇場で確認したくなった

初日が開くまではそれほど興味がありませんでした。
ポスターを見ても「ロシアにはそんなに惹かれないなぁ」と思っていたのです。

しかし初日の幕が開いてすぐの「うららが美しい」という評判や、
初日映像だけでも伝わってくるその気品に押されて、
わたしも劇場で見ておきたいと思いました。

娘役トップ不在の舞台は瀬奈じゅんさん時代に何度か見ています。
その不自然さに「う~ん」となってしまう一方で、
なかなか見られないものを見ているという楽しさもあったものです。

今回はうららちゃんとまどかちゃんがどのように使われているのか、
この目で確認してきたいと思います。

レディレディ伶美うらら編

タカラヅカニュースの「レディ・レディ」にうららちゃんが登場していました。

アクセサリー、ファッション、メイクのオンオフについて語っているのですが、
わたしはそれらの分野にとても疎いので、そのすごさがよくわかりませんでした。
「宝塚の娘役さんはすごいな~」なんて思ってしまいます。

それよりもうららちゃんの語り口がとてもナチュラルで、
表情も柔らかく、ずっと見ていたい雰囲気でした。
退団オーラはタカラジェンヌを美しく見せてくれますが、
もともと美しい人はこんなに美しくなるのだなぁと思って見ていました。

宙組本のうららちゃん

宙組本でもうららちゃんの活躍を見ることができます。
写真でも映像でも舞台でも美しいのがいいですね。

一人写りのショットはとても絵になっていて、
こんなにきれいな人が宝塚歌劇団にいたのだと思うと、
関係者でもないのに誇らしい気持ちになります。

出身地別のグループショットで、
大阪のおばちゃんに扮している写真もいいですね。
本人が楽しそうにやっているのが伝わってきます。
将来的にこんな姿になっていたら、それはそれで面白い気がします。

今後のうららちゃんはどんな道に進むのでしょうか。
宝塚できれいともてはやされた人が外部で活躍するとも限りませんが、
うららちゃんはテレビなどで今後も観る機会がありそうな気がしています。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク