moonちょっと前に月組スカピン新人公演の放送を見て、
「月組の新人公演はレベルが高い!」と感心しました。
このたび放送していたロミジュリの新人公演も面白かったです。
たまみゆという珍しいコンビが見られたのもよかったです。

たまきちロミオの新しさ

『ロミオとジュリエット』の上演が決まった時点で、
「いまの推され方を見ると新公主演はたまきちだけど、
たまきちにロミオって似合わなそう」と言われていたことを覚えています。

いま見てみたら、思ったより似合っていました。
これまでたまきちの下級生時代を見ても、
「若いな~」と思うことはなかったのですが、
さすがにいまよりは若いような気がします。
ロミオという役のせいもあるのでしょうか。

ジュリエットみゆちゃんの可憐さがすごいですね!
トップ娘役になってからは和物のイメージが強くて、
こういう役をもっと見たかったように思いました。

体格差もあってか、たまきちロミオからは包容力が感じられました。
通常ロミジュリというと二人が若さゆえに突っ走るイメージですが、
たまきちロミオはもっとしっかりしていそうで、
従来のロミオとはちょっと違う雰囲気を醸し出しています。

思ったことつれづれ

新人公演は仮面舞踏会からはじまります。
時間が短いのでしかたないとはいえ、ちょっと変ですね。
マーキューシオあーさ、ベンヴォーリオまゆぽんが突然出てきます。

まゆぽんは本公演より若い役をやっているんですね。
若い役をやるとかえって下級生らしい未熟さが感じられて、
なぜか大公役のほうがハマっている気がしました。
とはいえ「どうやって伝えよう」の熱唱は見事でしたね。

からんちゃんのロレンス神父がすばらしかったです。
このとき新人公演の長だったんですね。
たまきちがなにかの番組で、
「からんさんにはお世話になりました」と言っていましたが、
このころから一緒にお芝居する機会があったのだとわかりました。

ちなつの「死」は文句なく似合いますね。
この新人公演を生で観にいっていたとしたら、
ちなつばかり凝視してしまいそうです。

キャピュレット卿はもっくんでした。
あまりもっくんの歌を聞いたことがなかったので、
「むしろジョーのほうがキャピュレット卿に合いそうなのになー」
と思っていたら、もっくんの歌が上手くてびっくりしました。

みくちゃんのキャピュレット夫人もとてもきれいでした。
もっと見ていたかったなーと退団を惜しく思います。

はーちゃんの乳母はとてもチャーミングでした。
このころも十分上手ですが、
「いまのはーちゃんだったらどんな感じになるかな?」
と思いながら見ていました。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク