moonマギーバウに突っ込みたかったので後回しになってしまいました。
たまきち全国ツアー初日の映像について。

本人にかかるプレッシャーを想像するに余りある状況で
立派に主演を務めている姿に感動しました。

たまきちの持つしっくり感

たまきちのすごいところは「しっくり感」だと思うんですよね。
こうしていきなりセンターに立っても違和感がないというか、
「あぁこの人が主演なのだな」と納得させる力があると思います。

あまり上手に説明できないんですが、
『ラストプレイ』新人公演でいきなり二番手役だったときも
みりおと組んでいて違和感がなかったのです。

わたしは正直、技術的なことはよくわかりません。
たまきちに関しても詳しい人が見たらどう思うか判りませんが
わたしが見る限りは十分上手いと思いますし、
センターとしてふさわしい存在だと感じました。

これはあくまで個人的な感想です。
中には「まだ認めていないわよ」という方もいるかもしれません。
わたしはたまきちがいいトップスターになってくれそうだと思いました。

Apasionado!!!

アパショナードは作品力が高いので
誰がやっても盛り上がることは間違いないのですが
たまきちはよく似合っていましたね。

あさこさんともゆうひさんともタイプが違うのがいいですね。
これが3人目のアパショナードか!と納得させてくれました。

きりやんのポジションをカチャがやっているのも興味深かったです。
きりやんよりもカチャのほうが女性っぽさがあります。
ドラキュラのシーンもなまめかしい雰囲気が出ていました。

たまちゃぴ

たまちゃぴというと『エドワード8世』新人公演のイメージですが
それとはだいぶ毛色の違うお芝居でしたね。

真面目な男をたぶらかすという意味では
マノンもカルメンも似ている気がしますが
脚本も相手役も違うので、それぞれ違った印象を受けました。

相性は悪くないように思います。
これもたまきちの持つしっくり感のおかげかもしれません。

今回はまだトップコンビではないので、
今後の変化に注目していきたいです。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク