starスカイステージで『Étoile de TAKARAZUKA』をみました。
「このころの星組が好き!」というファンが多そうな作品だな、
と思いました。
星座というテーマも判りやすく、楽しいショーでした。

主演のちえねねコンビ

圧巻だったのは柚希礼音さんによるさそり座のソロダンス。
かなり難易度が高そうなダンスを
自分のものにしているところがすごかったです。

相手役のねねちゃんも見せ場たっぷりでしたね!
可愛らしい場面もカッコいい場面もありました。

12の星座が織りなす

主題歌にあるように、
12の星座が各場面のモチーフになっています。

中でもふたご座のべにーは「そう来るか」という表現。
半分男、半分女でそれぞれの人格を演じ分けています。

このショーはおひつじ座~うお座の順番になっています。
おひつじ座=4月のイメージがあるので
日本の年度に合わせているのかな?と思いました。

ところがアメリカの星座占いのサイトを見ても
おひつじ座が先頭に来ていました。
おひつじ座~うお座の順番は万国共通なのでしょうか。
いろいろと調べましたがよくわかりませんでした。

それとはまた別に10代の頃にへびつかい座を入れた
13星座が流行ったことを思い出しました。

まかぜがかっこいい

特に贔屓がいないわたしにも
「なんとなくいいな」と思う人はいて、
その一人がまかぜです。

愛称がゆりかちゃんということは知っています。
「まかぜ」という芸名が似合っているので
そう呼びたくなります。

まかぜが出てくると
「スターが出てきたー!」という高揚感があります。

わたしがまかぜを好きだからそう見えているだけでしょうか。
それとも彼女に特別なスターオーラがあるのでしょうか。

よく考えたらわたしは彼女の生舞台を見たことがない気がします。
2008年スカピンは見に行きましたが
まかぜを意識して見ていません。

一度見に行きたいけれど次はエリザベートですね。
まかぜの生舞台を見られるのはいつになるでしょう。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク