snowスカイステージで年末に放送される宝塚クロニクル。
きのうは雪組編が放送されました。
1年間のできごとを90分に凝縮して放送するこの番組。
見ていて思ったことを書いていきたいと思います。

あゆっちがかわいい

ファンの方にとってみれば
あゆっちがかわいいのは周知の事実だと思いますが
きのう見ていて改めてかわいいなぁと思いました。

タカラジェンヌの中ではちょっとふくよかに見えますが、
一般人と比べたらスリムなのでしょう。
生で見たことがないのでよくわかりませんが、
あの丸っこいフォルムは貴重だったと思います。

あゆっちの姿で特に印象に残ったのは
退団公演千秋楽あいさつでえりたんがあゆっちに言及した際、
後ろで泣いている姿でした。

「壮さんの相手役になれて良かった」
ということを何度も繰り返していたあゆっち。

えりたんもあゆっちを可愛がっている様子が伝わってきて
いいコンビだったのだなぁとしみじみ思いました。

ちぎみゆコンビの誕生

えりたんとあゆっちが退団した後
トップコンビとして就任したちぎみゆ。

10月の『伯爵令嬢』がトップコンビとしてのお披露目公演でしたが、
それ以前にも全国ツアー『ベルサイユのばら』を一緒に回っていました。

大劇場お披露目はまだこれからだというのに
お似合いの二人としてすっかり馴染んだ印象があります。
『ルパン三世』の幕が開くのが楽しみですね。

だいもんの加入

11月17日、花組『エリザベート』東京千秋楽翌日付で
雪組に異動になっただいもん。

タカラヅカスペシャルではすでに雪組生として登場していました。
まだ違和感がありましたが、
しばらくすればすっかり馴染んでいる
と言われるようになるのでしょう。
組替えというのは往々にしてそういうものですね。

だいもんは定評のある高い歌唱力で
雪組全体の底上げを図ってくれるのではないでしょうか。
こちらも来年が楽しみです。


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!