freeタカラジェンヌといえば
同期のことをとても大事にするイメージがあります。
二年間の音楽学校生活で
さまざまな苦難を乗り越えてきただけあって、
結びつきは深いのでしょう。

かけがえのない 同期

千秋楽の退団者あいさつで、
上級生やファンの方に一通り感謝の気持ちを述べた後で
「そして かけがえのない 同期」
というのが定型文のように入ってきますよね。

退団者あいさつあるあるなので、
スカイステージで千秋楽映像が流れるときには注目してみてください。

最近では星組のちえとまさこ、
宙組のテルとキタロウ、
月組のまさおとコマ、
雪組のちぎとともみん、
花組のみりおとだいもんというように、
トップスターを支える心強い同期がいるという印象です。

期が覚えられない

ファンの方たちもこういう「期」のことはよくわかっていて、
「○○さんはn期」というようにインプットされていることが多いです。

しかしわたしはこの「期」を覚えるのがすごく苦手です。
何年に初舞台というのは覚えられるのですが、
n期と言われると途端にわからなくなります。

「2004年入団が90期だから…」と、指折り数えています。

城咲あいちゃんが退団後のブログで
「わたしたち86期は野郎の期とかハムの期とか言われていました」
とスミレコードぎりぎりなことを書いていました。
おかげですーちゃんやマギーが野郎の期であることは覚えました。

しかし語呂合わせで覚えても
「野郎だから…86」と、変換をする必要がありますね。

詳しい人は憧れ

たぶん詳しい人にとっては
自然と覚えたという感じだと思うので、
覚え方を聞いたところでわからないと思います。

入団年だけ覚えていればそれほど困ることはないのですが、
「○○ちゃんはn期」とすっと出てくる人を見ると
すごいなと思ってしまいます。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!