free先日、2015年東宝版エリザベートの主要キャストが発表されました。
中でも話題となっているのが
宝塚を退団したばかりの蘭乃はなさんがエリザベート役を務めること。
ネット上では否定的な声が多く見受けられますが、
わたしも首をかしげているうちのひとりです。

蘭乃はなさんの評価

たぶん蘭乃はなさんに相応の実力があったら
ここまで否定的な意見ばかりにならないと思うんですよね。

わたしも歌がうまくないことは知っていましたし、
だからといって舞台人としての華があるような気もしません。

東宝としても興行的に勝機があって
このキャスティングを行ったのだと思いますが、
なんだか不思議な感じがしますね。

本人としては憧れの花總まりさんと
ご一緒できてうれしいと思っているかもしれませんが
それ以上にプレッシャーもあることでしょう。

もっともあれだけ微妙な実力で
娘役トップとして居座り続けたお方なので
プレッシャーなど感じないタイプなのかもしれませんが…。

カルロッタの策略

エリザベートのキャストを知って頭の中によぎったのが
「ファントム」のカルロッタですね。

「ファントム」では
オペラ座の支配人夫人であるカルロッタが
クリスティーヌを主役に持ち上げて
舞台上で失敗させるという企てをします。

奇しくも蘭乃はなさんはクリスティーヌを演じていたので、
重なって見えたのかもしれません。

現実にカルロッタのような人がいるとは思えませんが、
なにかきな臭いものを感じますね。

雪組ロミジュリ事件

同時に、雪組の「ロミオとジュリエット」のことも思い出しました。

すでにヒロイン経験豊富な美海ちゃんと、入団間もない夢華さんが
ジュリエットという大役をWキャストで務めたのです。

置かれた状況は異なりますが、
周囲が認めるヒロインと疑問符付きなヒロイン
という点では通じるものがあります。

夢華さんは一応歌唱力があるという触れ込みで、
彼女のジュリエット役を評価していた人もいましたが
途中で体調不良となり休演してしまいました。

もともと美海ちゃんジュリエットの回ばかり
チケットが売れたと言われていますが、
今回の件も花總まりさんエリザベートの回から
チケットが売れていくことでしょう。

蘭乃はなさんにとっては試練となるであろうエリザベート。
一体どうなることか、注目していきたいと思います。


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!