allスカイステージ開局8周年特別番組、
「Happy Summer Festival in TAKARAZUKA」の再放送を見ました。
この特番は強く印象に残っていたので、
久しぶりに見られてうれしかったです。

すでに7年前のこと

スカイステージの画質はあまり良くないことで知られていますが、
7年前の放送を見ると画面全体が古く感じられるので、
このころと比べたら少しは良くなっている気がします。
カメラが良くなったのでしょうか。

そこで気付いたのですが、我が家では7年前と同じテレビを使っています。
テレビを変えたらまた印象が変わるのかもしれません。
画質の悪さがより浮き彫りになるのでしょうか。

スカイステージの公式サイトから主な出演者を引用します。

専科・轟悠/花組・真飛聖、蘭乃はな、壮一帆/月組・霧矢大夢、蒼乃夕妃、龍真咲、明日海りお/雪組・水夏希、愛原実花、音月桂/星組・柚希礼音、夢咲ねね、凰稀かなめ/宙組・大空祐飛、野々すみ花、蘭寿とむ、各組スカイ・フェアリーズ、スカイ・レポーターズ 他/(総合司会)雪組・真波そら、早花まこ/プレトーク:夏美よう

並んでいる名前だけでもかなり懐かしいですね。
月組はきりまりコンビの時代です。

各組の2番手は輪投げにチャレンジしていました。
月組だけまさみりが2人で出ているあたり、
当時のデリケートな事情が見え隠れしています。

きりまりのペアクイズ

ペアクイズでは、トップコンビが出題に対して回答し、
二人の答えが一致すれば得点になります。

この手のクイズは通常お互いが書きそうなことを書くわけですが、
きりまりは「合わせる気があるの?」と突っ込みたくなる回答連発。
ほかの組が7点以上を獲得しているのに、月組だけ3点でした。

夏の食べ物といえば?「そうめん」「冷めん」とか、
夏に遊びに行く場所といえば?「山」「川」といった具合です。

夏休みの宿題といえば?「工作」「工作」
月を使った漢字といえば?「青」「青」と、
「そこが合うの?」と思ってしまうような結果でした。

淡々と問題を読むだけの研ルイスさんと、
厳しく採点するすーちゃんという、
出題者コンビもいい味を出していました。

各組の応援メッセージ

特に我が家で語り草になっているのは各組の応援VTRです。
月組はとしちゃんがフィギュアスケートの小塚崇彦選手に扮して、
台車で登場するという微妙なネタを披露。

星組は小学校の運動会という設定でした。
妃咲せあらちゃんが先生役で、
みきちぐさん、みやるり、しーらんが児童役です。
夫はこのときの印象がずっと残っているらしく、
阪急交通社の貸切で司会のせあらちゃんが登場したとき
「先生役の人」と呼んでいました。

花組のEXCITERパロディや雪組のチアガール、
宙組の応援歌もシュールで良かったです。

こういうお祭り感のある特番はいいですね。
月組はぶっちぎりの最下位でしたが、
きりまりのまっすぐなところが現れていてなによりでした。


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!