snowスカピンの感想を書いている間に、
だいもんの大劇場お披露目公演が発表されていました。
ロベスピエールが主役になるのって珍しいですね。
どんな話になるのでしょうか。

だいもん大劇場お披露目

大劇場お披露目がオリジナルの新作というのも少数派ですよね。
歌唱力に定評のあるだいきほコンビの大劇場お披露目なので、
何をやってもハマるだろうな~と思っていましたが
新作オリジナルというのはちょっと意外でした。

2本立てというのもいいですね。
『SUPER VOYAGER!』 -希望の海へ-という、
いかにもお披露目らしいタイトルもいい感じです。

でもこれが数作後に出されていたら
「サヨナラっぽい」と勘繰られそうなタイトルでもあります。

望 HOPE
海 OCEAN
風 WIND
斗 BIG DIPPER
と、各漢字をテーマにしたシーンがあるのだとか。

トップスターは名前をテーマにしたショーを作られることが多いので、
変な名前だったらどうするんだろう?なんて思ってしまいます。
(基本的に変な名前の人はいませんが)

ロベスピエールが主役

宝塚歌劇のロベスピエールというと、主役ではないイメージです。
わたしの見た中では、『1789』が最も中心に近かったでしょうか。

まだ単独二番手ではなかったたまきちがロベスピエールでした。
2幕のはじめでセンターで踊っている姿を見て、
「たまきち大きくなったねぇ!」と感動したものです。

次に比重が大きいのがスカピンのロベスピエールで、
あとはナポレオンや、バージョンによってはベルばらにも出ています。

わたしが知らないだけでほかにも出ていることでしょう。
上演時期になったらスカイステージで
「ロベスピエール特集」が組めそうな勢いです。

スカピンにおけるロベスピエール

ことしのスカピンではかいちゃんがロベスピエールで、
初演や月組版よりもポジションが上がっていました。

わたしは月組版、越乃リュウさんのロベスピエールが大好きで、
劇場ではロベスピエールばかり見ていた記憶があります。

序盤の見せ場である「マダムギロチン」では、
「死神のセレナーデ♪」の「デ」でバルコニーに出てくる、
というタイミングまで覚えていました。

この記憶があったので今回もバルコニーを注視していましたが、
かいちゃんはもう少しだけ後でした。

さらに、スカイステージで見た月組新人公演、
としちゃんのロベスピエールが素晴らしかったです!
ゾクゾクするような冷たい視線が忘れられません。

きっと皆さんにもロベスピエールに対する思い出があることでしょう。
だいもんのロベスピエールはどんな感じになるのか、楽しみですね。


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!