flowerスカイステージで台湾公演版の
『ベルサイユのばら』と『宝塚幻想曲』を見ました。
ベルばらはたまに見ると面白いですね。
ショーはお客さんの歓声が聞こえたのが良かったです。

わたしにとってのフェルゼン

宝塚ファンからはあまり評判の良くないベルばらですが、
わたしがいまのように宝塚ファンになったのは、
間違いなく2006年のベルばらがきっかけです。

ベルばらは初心者が劇場で一度見るだけなら、
とてもいい作品だと思うのです。
とにかく衣装がきれいですし、見せ場も多いですし、
登場人物が有名な点も初心者向けです。

わたしは湖月わたるさんのフェルゼンを見て、
すっかり心を奪われてしまいました。

わたしにとってのフェルゼンはわたるさんなので、
みりおのフェルゼンはかなりイメージと違います。

あくまで漠然とした印象としては、
わたるさんフェルゼンは頼りになりそうで頼りにならないタイプ、
みりおフェルゼンは頼りなさそうでやっぱり頼りにならないタイプ、
という感じがしました。

わたるさんやみりおが悪いわけじゃないですよ。
宝塚版のフェルゼンってよくわからない役ですからね。

ほかのベルばらキャスト

れいちゃんのオスカルが圧倒的にオスカルですね。
原作から飛び出たような、麗しいオスカルでした。
キキちゃんのアンドレもなかなか包容力がありますね!
この配役はばっちりでした。

以前スカイステージでちらっと見たときに
花乃ちゃんのマリーアントワネットはちょっと力不足かな?
と思っていましたが、最後のほうは良かったです。

なんとなく松田聖子さんのような雰囲気がありました。
花乃ちゃんが似ているというわけではないのですが、
なぜかそう思ったんですよね。

最後にフィナーレがなくて「あれ?」となりました。
2本立てだったんですね。
普段も2本立てサイズだったらいいのに~と思ってしまいます。

宝塚幻想曲

宝塚幻想曲おもしろかったです!
じっくり最初から最後まで見たのははじめてかもしれません。

ところどころ客席から歓声が上がっていました。
中でもみりおが花魁姿で登場するところはすごかったですね。

スカイステージの番組説明を見てみたら、
「花魁スタイルのファンタジアS〈麗花〉」と書いてありました。
「麗花は見目麗しいタキシード姿の男に変身し、
 総踊りへと発展していく」って!
トミー・チューン氏だったら、
「なぜ変身するのか?」と考え始めるところですよ。

そんなツッコミどころはあれど、
宝塚レビューとして見どころの多い作品でした。


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!