flowerスカイステージで花組『新源氏物語/Melodia』を見ました。
新源氏物語は本当に源氏物語ですね。
我ながらよくわからない感想ですが、
源氏物語を見たー!という実感がありました。

源氏物語がよくわかる『新源氏物語』

2009年月組『夢の浮橋』を思い出しました。
あちらは光源氏なきあとの時代だったわけですが、
みりおの光源氏にどことなくあさこさんの匂宮を感じました。
新人公演でやっているせいもあるかもしれません。

いずれにしても、とても麗しい光源氏ですね。
みりお光源氏をずっと見ていたいと思えるような作品でした。

ストーリーは源氏物語の主要エピソードをなぞっているため
ちょっと慌ただしく感じる場面もありましたが、
エッセンスが詰まっていて源氏物語を堪能できた気がします。

これから源氏物語を勉強する若い花組ファンはいいですね。
原文を読みながら
「これがみりおで、これが花乃ちゃんで…」と思い浮かべると
イメージしやすいのではないでしょうか。

花娘がかわいい

新源氏物語は娘役の役も多いですね。
それぞれが重要な役割を担っているため
娘役の層が厚い花組にぴったりだったと思います。

月組も層が薄いわけじゃない(と思う)のですが
お姉さんたちが元気なので、
下級生の娘役まで役が回ってこないことが多いんですよね…。

あとやっぱり気になるのが次期トップ娘役のゆきちゃん。
朧月夜役で、みりおと絡む場面もありました。
あまり長くはないけれど、ドキドキするシーンでした。
今後さらに深いシーンが見られると思うと、楽しみですね。

気分爽快な『Melodia』

『Melodia』って50分のショーなんですね。
スカイステージで『新源氏物語』が2時間枠だったので
「長くない?」と思って調べたらもともと1時間40分でした。
そのため『Melodia』が通常より5分短縮されています。

しっとりとした『新源氏物語』の後で
発散系のショー『Melodia』というのはバランスがいいですね。

5分短いせいもあってか、
あっという間に終わってしまった気がします。

『Melodia』を見ていまさらながら、
みりおは花組のトップスターになったのだなぁと実感しました。

これまではどこか「元月組」という目で見ていたのですが
すっかり花組になじんで、立派にトップスターを務めています。
来年には相手役も変わって、新しい魅力を見せてくれそうです。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!