free星組『桜華に舞え』の上演時間は1時間35分ですが
熱演のためか1時間40分はありました。
いつもの電車に乗れるか不安でしたが、ちゃんと乗れたので
宝塚大劇場から宝塚駅まで何分かかるかまとめておきます。

終演時間は微妙に変わる

基本的に本公演の終演時間は休憩時間を含めて開演の3時間後です。
11時公演なら14時、13時公演なら16時、15時公演なら18時に終演します。
しかし、わたしの感覚ではだいたい5分は延びます。

宝塚大劇場から宝塚駅までは徒歩10分とされていますが、
劇場を抜けるまでにも時間がかかるので、
終演時間+10分の電車には乗れないと思ったほうが良いです。

実際に歩いて確認してみた

わたしはB席の後ろの方だったので、
1階席の前のほうならもっと早く着くかもしれません。

13時公演だったので、終わったのは16:05ごろです。
どこにも寄らずに歩いてみて、何分に着くのか試してみました。

まず、劇場内は前の人に続いて普通に歩きましょう。
急いでもあまりタイムは縮まりませんし、人が多いので危険です。

大劇場を出たら花のみちに出ます。
劇場側の歩道でもあまり時間は変わらないと思いますが、
花のみちの方がなんとなく流れが早い気がします。

ソリオを抜けると阪急宝塚駅です。
阪急宝塚駅

阪急宝塚駅
阪急宝塚駅の改札に着いたのは16:18頃でした。
終了予定時刻の16時からだと、およそ20分というところです。

JR宝塚駅まで行くには、ここからさらに歩道橋を渡る必要があります。
JR宝塚駅
改札前に着いたのは16:20でした。

昼特きっぷが使えた

今回、いつもの電車に乗れるかとても気にしていました。
昼特きっぷが使えるかどうかギリギリだったためです。

宝塚からJRで大阪-京都の昼特きっぷを使う場合は、
16:26宝塚駅発大阪行きの電車がぎりぎりです。
16:44に尼崎駅着で、16:53発の新快速に乗り換えると
大阪駅発が17:00ちょうどで、昼特きっぷのリミットになります。

大阪-京都の昼特きっぷの値段はお店によって異なりますが、
わたしの行ったお店では400円で売っていました。
定価は560円なので、160円のお得です。

昼特が使えなくても定価で乗ればよいのですが、
できることなら160円浮かせたいというのが主婦の心理です。

以上は2016年9月現在のダイヤです。
今後改正があるかもしれませんのでご注意ください。


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

以下、すべての記事に表示しています(2017.3.6~)。

当ブログにご意見を送ってくださったY様
メールでお返事を差し上げたのですが、
携帯のアドレスに届かなかったようです。

回答といたしましては、
このブログはあくまで個人ブログですので、
自身の判断で執筆しております。
そのため、すべてのご要望に応えることはできません。
ご了承ください。

阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!