starスカイステージで柚希礼音スーパー・リサイタル
『REON in BUDOKAN~LEGEND~』を見ました。

たった14人とは思えないほどパワフルで豪華な公演ですね。
出られた人はいい思い出になりそうです。

ジャイアンリサイタル

コンサートとリサイタルの違いは人数だと言われています。
リサイタルは基本的に一人でやるものなのだとか。
最後の方は柚希礼音さんの独唱が続いてリサイタル感が出ていました。

わたしのような者にとってリサイタルといえば
剛田武さんがクラスメイトを集めて空き地で行うイメージです。

この1ヶ月前に行われた大運動会で
ジャイアンのコスプレをしていたのはその布石でしょうか…?

もちろん剛田武さんとは違って柚希礼音さんは美声です。
ドラえもんの道具を使ってこんな豪華リサイタルをやったら
みんなも喜んで集まったと思うんですけどね。

内容あれこれ

冒頭のTRFメドレーが楽しすぎて
「ずっとやってくれればいいのにー」と思ってしまいましたが
それではTRFのカバーコンサートになってしまいますね。
テレビを見ながら一緒に歌ってしまいました。

振付講座は高度でしたね!
付いていけないという人も多いかもしれませんが、
これぐらい難しくないとやりがいが無いという方もいるかもしれません。

「明日へのエナジー」は各パートに分かれて歌うと
こんなメロディーなのかと驚きました。
なんとなくハーモニーで聞いているので
一つ一つのパートで聞くと新鮮ですね。

武道館の特別感

公式サイトで出演者を確認したらすでに14人中6人が退団、
さらにまさこさんも退団が決まっています。
14人全員にそれぞれ存在感があって、いい公演でした。

武道館の舞台に立ちたいと思っても
なかなか立てるものではないでしょうから
出演が決まったときにはさぞ嬉しかったと思います。

さらにファンの盛り上がりが映像だけでも伝わってきました。
この場に居合わせることができた人たちはこれからもずっと
「私は柚希礼音さんの武道館リサイタルを見た!」
と言えるので、うらやましく思います。

再び武道館公演を行うタカラジェンヌは現れるのでしょうか?


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク



阪急交通社公式サイトではスカピン貸切公演プラン発売中!