moon中日劇場『紫子』『HEAT ON BEAT!』を見ました。
『紫子』は実質きりやんともりえのラブストーリー。
まりももみりおも置き去りなところがすごいです。
『HEAT ON BEAT!』は娘役トップがいると雰囲気が変わりますね。

プレお披露目?

新生月組のプレお披露目公演ですが
きりやんには「これが新米トップスター?」と
疑問になるほどの安定感があります。

みっちゃんのお披露目のときにも同じことを感じました。
それまでほとんど組んだ経験のない娘役と
トップコンビになったあたりも似ています。

トップコンビ

しかしみちふうと大きく違う点として
月組に娘役トップが不在だったことが挙げられます。

一応主演に近いポジションを任されていた
あいちゃんとしずくが退団して、
新たにまりもが娘役トップとして迎えられました。

『HEAT ON BEAT!』は娘役トップ不在のショーでしたから
トップコンビがいるとこんなに違うのかと思いました。

あの娘役トップ不在期間はなんだったのでしょう。
その後雪組でも取り入れられましたがすぐに解消しています。

娘役トップを置かないことは構わないとしても
それを上手く活かせなかったことが問題という気がします。

きりやん時代を思う

まさおのお披露目『ロミオとジュリエット』は
宝塚をはじめて見る友達と一緒に行きました。

キャトルレーヴかどこかにきりやんの写真があって
「この人が先代のトップスターだよ」
と説明したとき、急激にきりやんが退団した実感が湧きました。

まさおが退団したらきりやんが先々代になるんですね。
わたしが一番ハマっていた時代だったので少し寂しく思います。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!