starスカイステージで星組『こうもり』
『THE ENTERTAINER!』の制作発表会を見ました。
制作発表会って最近よくやるような気がするんですが
何か理由があるのでしょうか。

こうもりの内容について

谷先生によると、原作を「根こそぎ変えた」とのこと。
もとはアイゼンシュタインが主人公なんですね。

「復讐劇と言っても大げさなものではなく、
いたずらされたからいたずらし返そうという楽しい物語です」
と説明していました。

たしかに宝塚における「復讐」は幅広いですね。
命を狙うような復讐も多くあるわけですが
『こうもり』はそのような復讐ではないようです。

谷先生のオペレッタというと
月組『ジプシー男爵』のイメージがあります。
あの作品も特に何事もない楽しいお話でした。

エンターティナー

野口先生は『A-EN』のときも不思議な人だと思いましたが
やはり今回もちょっと変わった人だと思いました。

エンター「テイ」ナーではなく
エンター「ティ」ナーというのがポイントですね。

お芝居はヨーロピアンなオペレッタなのに対し、
ショーはアメリカンスタイルということですが
一体どんなスタイルになるのでしょうか。

みっちゃんと風ちゃん

みっちゃんが野口先生の名前について
「”幸せを作る”幸作という名前」
と説明していたのが面白かったですね。

たしかに宝塚にぴったりの名前です。
逆に宝塚に全く似合わない名前を考えましたが
それは子どもにつける名前としてもダメな気がします。

風ちゃんはこの数ヶ月で格段にきれいになった印象です。
こういう変化を見るとなんだかうれしいですね。

もともと実力派トップコンビと言われていましたが
これからますます息が合うようになって
舞台にも磨きがかかることでしょう。


◇トップページへ◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!