starスカイステージで月組『スカーレットピンパーネル』をみました。
ツッコミどころ満載で、冒険活劇というか喜劇というか
よくわからない不思議な作品なのですが、
暇なときに放送されているとついつい見てしまいます。

待望されていたみっちゃんスカピン

みっちゃんと風ちゃんが次期トップコンビと発表され
「お披露目はスカピン?」と思った人は少なくないでしょう。

少なくともあまちゃきと鶴竜関が結婚すると思っていた人の数よりは
ずっと多かったと思われます。

過去2回の上演で主役のパーシーを演じたのは
安蘭けいさんと霧矢大夢さんです。

2人とも実力派で、就任した時にすでにベテランという感じでした。
みっちゃんと近い境遇にあったと言えます。

ヒロインのマルグリットも華奢なお姫様タイプというよりは
骨太の売れっ子女優という役柄ですから
風ちゃんにもよく似合ったことと思います。

星組次回作にスカピンを避ける配慮?

ファンの期待と上演作品は一致しないことがほとんどなので
次回作がスカピンじゃなかったこともたいした問題ではありません。
お披露目でなく、いつかやる可能性もゼロではないでしょう。

改めてスカピンを見ていたら、
「もしかして今やるべきではないと判断されたのではないか…」
という勝手な妄想が湧いてきました。

星組では2008年にスカピンを上演しています。
7年ぶりの再演というのはあまり問題ないと思います。

花組『ファントム』や月組『エリザベート』、
星組『ロミオとジュリエット』も短いスパンで上演されました。

2008年のスカピンを語る上で欠かせないのは
なんといってもちえちゃんのショーヴランだと思います。

月組版ではまさみりがショーヴランを役替わりで演じました。
わたしにしては珍しく全てのショーヴランを劇場で見ているのですが、
一番良かったと思ったのはちえちゃんのショーヴランでした。

そんなちえちゃんが退団して次の公演にスカピンを持ってくるのは
「ちえロス」でお悩みの方たちの傷をえぐる行為ではないのかと
劇団が空気を読んでスカピンを避けたのかもしれません。

トップコンビ以外の配役

トップコンビのパーシーとマルグリットはばっちりはまり役だと思いますが
それだけではうまくいかないのも事実です。

と思ったのですが、星組のメンバーを見ていたら
問題なくできそうな気がしてきました。

もしも次作がスカピンだったとしたら
ショーヴランは紅さん、アルマンはことちゃんだったと思います。

まかぜが異動したのもこの布石だったのではないかと思うぐらい
しっくりくる配役です。

わたしはこの作品の肝はデュファーストとフォークスだと思っています。
星組ではしいちゃんととよこさん、
月組ではもりえとマギーがやっていた役です。

ピンパーネル団の中でちょっとお兄さんのポジションを
組内でも頼れるポジションの男役がやることで説得力が増します。

デュファーストは真面目な実直タイプ、
フォークスはちょっと色男という役柄でしょうか。

個人的にデュファーストはまさこさんにやってほしいです。
ロベスピエール役に回ってしまう気がしますが
まさこさんの洗濯女が見たいのです。

洗濯女に変装しているデュファーストとフォークスを見て
ピポー軍曹が「でっかいなぁ」と言うシーンがあります。
これはまさこさんのためのセリフと思えるぐらいぴったりです。

フォークスは誰が演じるのか諸説あると思いますが
かいちゃん、しーらん、てんてんなど、人材は豊富です。

考えているうちにますます
「なんでスカピンやらないんだろう」
という思いにかられてしまいました。

ひととき「ロベスピエール専科」と言われた
にしきラブさんが退団してしまったせいかも、と一瞬思いましたが
大勢に影響はないと思われます。

スカピンへの期待を裏切って上演する『ガイズ&ドールズ』。
どんな公演になるのか楽しみに待ちたいですね。


◇トップページへ◇
◇管理人のTwitter◇

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


阪急交通社公式サイトでは貸切公演プラン発売中!